P/L:獅子君。

今朝の獅子君のレッスンは、前回に引き続きコマンドの基礎トレーニングと強化へのポイントなどについての実践トレーニングです。

日々、飼い主さんが取組んだ結果は必ず行動として表れます。階段の上り下りの動きにも、以前のように勢いで上り下りをするのではなく飼い主さんの動きを意識しながら動く事ができるようになってきました。この動きも安定するまでには、もう少し繰り返しのトレーニングが必要ですので今後も継続しながら進めて下さい。「待て」のコマンドに対しての飼い主さんへの集中が安定していませんが、獅子君が自ら飼い主さんへの視線を向ける動作を飼い主さんが見過ごしてしまっている事も多々ありますので、あまりコントロールする事だけを優先させるのではなく獅子君の自発性を引出せるようにして下さい。その為にも、誉める機会を増やすということが、飼い主さんに現在できていない行為です。犬を観察する観察力と、自発的な動きに対する誉めるタイミングは飼い主さんが身につけなければいけないテクニックですので是非、取組んで下さい。

信号待ちの「ついて」のコマンドは、精度を向上させていきましょう。飼い主さんの左側の「ここら辺に座る」ではなく「ここに座る」というピンポイントの場所を認識させることを今後は目指してください。また、このコマンドが出たときには、余所見をせずに飼い主さんを見続けることを理想とします。余所見をしたらアテンションで向かせるのではなく「ついて」のコマンドとハンドシグナルで意識させて下さい。今日のレッスンの中でも、精度の向上が見られましたので日常で続けていけば必ず精度の強化ができますので頑張って下さい。この際も、できている行動はシッカリと誉めて下さい。

ボールのレトリーブも、飼い主さんの取組み方に工夫が無くワンパターンになることで楽しさが半減しているようです。お互いに楽しい時間にしてコミュニケーションをとれるようにして下さい。


関連記事

  1. P/L:フラッフィー君。

  2. C/L:カカオ君。

  3. P/L:パルフェ君。

  4. P/L:ウィル君。

  5. P/L:獅子君。

  6. with sarada 121th Yokohama-School

  7. P/L:たんぽぽちゃん。

  8. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930