P/L:タンゴ君。

今日のタンゴ君のレッスンは、オビディエンスのコマンドトレーニングです。基礎となる脚側停座への実行性と精度の向上を進めながら、伏臥と立止のコマンドの実行性も確認しながら課題の修正に取組みました。

基礎となる脚側停座の際の指導手の視線をタンゴ君に向けずにタンゴ君が指導手を見続ける姿勢が本来の脚側停座です。この姿勢を理解させる為に、日頃から意識的に視線を外しながら犬の動きや反応を観察し、アイコンタクトの意識が見られる瞬間を誉めて持続時間を延ばしていきましょう。伏臥と立止も脚側停座が真っ直ぐに停座できているからこそ、真っ直ぐに伏せることができますし、真っ直ぐに立つことができます。立止のコマンドは、まだサポートがないと安定しませんが、現段階でも、少しだけ切っ掛けがあれば実行できていますので立とうとする意識を強化できるようにして下さい。

日頃の視線を外しながら視界視野を広げるトレーニングは、自らの姿とタンゴ君が写るモノを活用して、視線を外しながらトレーニングをして下さい。アイコンタクトの時間を延ばす為には、トリーツよりも誉めるタイミングや誉め方にコツがあります。あまりトリーツを多用すると、トリーツを与えられた事で、集中が切れてしまい余所見への原因になります。タンゴ君のように気が散りやすいタイプの犬の場合は、無理に長い時間のトレーニングを求めずに短い時間の積み重ねで組み立てながら、報酬は解除のコマンドで開放する事の方がベストです。前回までの生活の中のルールの設定で「Sit」してから何かが始まるようにして頂いていましたが、今日からは「ヒール」をルールに加えていきましょう。


関連記事

  1. P/L:みたらし君&おはぎちゃん&ずんだ君&おかきちゃん。

  2. P/L:巴ちゃん。

  3. P/L:モコちゃん。

  4. トレーリンググループレッスン。

  5. P/L:ぼたんちゃん。

  6. P/L:いちごちゃん。

  7. P/L:クーちゃん。

  8. P/L:花音ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930