P/L:獅子君。

今日の獅子君のレッスンは、室内での飛びつきやイタズラなどに対しての対応の仕方やトイレに関する課題に対して行動を変える方法などのレクチャーをさせて頂き、次回までにいくつかの改善をお願いしました。飼い主さんとの関係の中では、分ってはいるものの徐々に獅子君のペースに巻き込まれがちになっていますのでリカバリーしていきましょう。

今日は、新たに購入した首輪の装着に関してのステップアップのトレーニング方法とリードでのコントロールに関しての飼い主さんの動きを室内で確認して頂き、屋外での環境に対しての反応やお散歩の基礎トレーニングを行いました。首輪に対しては、違和感もなくなりスムーズに適応できています。ご褒美を使う方法に関しても、あまり長い期間、ルアートレーニングを続けると、トレーニングではなく取り引きになりますので注意しましょう。できる限り早い時期に、報酬としてご褒美に役割を理解させ下さい。「おいで」などのコマンドに関しては、獅子君がコマンドを理解して飼い主さんの元へ動くことですので、コマンドを出しても動かないからといって飼い主さんが、獅子君の元へ動いて誉めてしまうと、将来的に「おいで」のコマンドに対しては反応が緩慢になったりフリーズする傾向が出てきますので些細な行動ですが、犬は良く見ていますので「自分にとってどの選択が得か?」を理解させながらコマンドとの関連付けを強化していきましょう。

初めて歩く街の中は、刺激的なモノが沢山あります。地面の質感も、アスファルト・タイル・砂利・土・芝生と様々な経験をさせながら、それぞれの反応を見極めて馴らしていきましょう。今日の段階では、特に拒否反応をする行動は見られませんでした。通り過ぎるバイクや車に対しても適応できていますが、男性の通行人に対しては、少し警戒心が出ています。逆に女性に対しては問題がありませんので成長と共に表れてくる警戒心と共に、苦手なモノに対しての馴致トレーニングも無理なく進めていきましょう。特に苦手な男性に対しては無理に近づけるのではなく知っている男性からご褒美を貰う事からスタートして下さい。

お散歩終了後には、他の犬への反応や経験の為に、チビサラとご挨拶と追いかけっこ。最初は、少し緊張気味でしたが後半は楽しく走れました。他の犬への反応は、とても繊細は動きを見極める必要がありますので、一定の距離を与えられるように短い通常のリードではなくロングリードで心の変化を観察して無理なく進めて下さい。


関連記事

  1. P/L:パルフェ君。

  2. P/L:Mike君。

  3. P/L:マー君&ゲイリー君。

  4. P/L:たんぽぽちゃん。

  5. オビディエンスグループレッスン。

  6. P/L:ローキーちゃん

  7. with sarada Lodging training in MON…

  8. Nose Work FUN FRIENDS Skill up Comp…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031