P/L:そらちゃん&ウークちゃん。

今日のそらちゃん&ウークちゃんのレッスンは、お散歩での他の犬とのすれ違いや基本的なコマンドの強化トレーニングなどです。
お散歩での飼い主さんを意識してゆっくり歩くという簡単なようで難しい動きは、以前よりも飼い主さんがリーダーシップを発揮して歩けていますので動きはスムーズになってきています。信号待ちでの「Sit」も自発的できていますので、今後も常に実行性を確認しながら安定した動きにしてみて下さい。
そらちゃんの先行する癖に関しては、飼い主さんの考える許容範囲が、現在の課題を生んでいますので、ポジションをハッキリと教えることから始めないとリード1本分の余裕のあるお散歩は完成しませんので考え方を再確認していきましょう。
犬とのすれ違いでは、2頭の視線やリードを伝わって感じられるメンタルの変化・呼吸音などから対処の選択肢を考えるようにしてみて下さい。レッスンの時には、我慢が出来ても日頃のお散歩では我慢が出来ないこともあるという事は、2頭の気分が優先していると言うことですし、すれ違いの際に声掛けが多すぎてしまい、2頭のシンプルな反応を確認できていないというのも改善点です。また「イケナイ」という禁止コマンドの頻度が、非常に多くなっていますので、肝心な時に有効性がなくなっています。本当に「イケナイ」というコマンドが出たら、2頭は、行動をしないのか?という確認ができていない状態でのコマンドは意味がなくなりますので、再確認をしましょう。
同じように誉め言葉も、ご褒美の出る合図という認識が強い為に、誉め言葉では一時的に反応はするものの、ご褒美が出ないと視線は外れ、前方か臭い嗅ぎの行動に移行してしまいます。連続強化や飼い主さんの無意識の手の動きが現在の、課題を作っていますので、もう一度、基本的な誉め言葉が伝わるような関係性を構築していきましょう。
ヒールポジションのステップアップも、飼い主さんが動いた場所に正しくポジショニングできるようにパターンを作らないでトレーニングをしてみて下さい。この際も、動き出しをタイミング良く誉めて意欲的に行動させられるようにしてコマンドに対しての印象や従う心の育成に努めてください。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. ノーズワークグループレッスン -Trainer Class -

  2. オビディエンスグループレッスン。

  3. P/L:いちごちゃん

  4. P/L:ムッシュ君。

  5. 災害救助犬フェアー

  6. ノーズワークグループレッスンー Trainer Class ー

  7. ー お知らせ ー

  8. P/L:いちごちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031