Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ― 初めてのノーズワーク&ステップアップ クラス―

今日はDogwave主催によるノーズワークグループレッスン― 初めてのノーズワーク&ステップアップ クラス―を開催いたしました。午前中は、アドバンスクラスと、それぞれのペアごとのステップアップのセッションをBOXサーチとオブジェクトサーチのステージで行い、午後からは初めてのノーズワークのペアとステップアップクラスのセッションを行いました。午前の部に参加して頂いたの、ココアちゃん・ビビちゃん・レイちゃん・花音ちゃん・テンテン君・ソラちゃんの4組6頭です。午後の部に参加して頂いたのは、ソックス君・light君・モンテスキュー君・まめ太君・くまごろう君・ニケちゃん の6組6頭です。

ココアちゃんは、前回よりもノーズワークに対しての意識が強まり、飼い主さんの傍からスムーズに捜索に移行できるようになってきました。バリエーションサーチでは、BOXのバリエーションへの躊躇がありませんので、どれくらい集中力と捜索への意欲が維持できるか?がこれからのポイントです。オブジェクトサーチも、それぞれのオブジェクトに対しても違和感がありませんし積極的にアクセスできていました。徐々に鼻から臭いを捕ろうとする呼吸音も聞こえてくるようになってきていますので、これからも楽しみです。

ビビちゃんは、前回のセッションで少し躊躇してしまうシチュエーションがありましたので、ご自宅での自主練習をお願いしましたが、環境が変わると、まだ躊躇が見られましたので、あまり無理をせずにセッションを進めさせて頂きました。しかし、前回までは中々近づけなかったオブジェクトに対しても積極性が出てきましたし、アクセスできなかったオブジェクトにも少しの躊躇はあるもののアクセスしてハイバリュートリーツに到達できていましたので、メンタルの成長も感じさせてくれるセッションとなりました。

レイちゃんは、スタートラインにつくまでの飼い主さんの腕の中にいる脱力した状態と、捜索のスイッチが入った動きでは、まるで別犬のようなパフォーマンスを発揮します。BOXサーチに関しては、ハイドの設定レベルを上げても充分に対応できていますし、オブジェクトサーチでも、かなり難易度の高い設定もセントコーンを捉えて理想的な動きでハイドに到達できています。捜索スピードも速いですし、ナチュラルアラートも分かり易いですからハンドラーが誤告知をすることはありません。

花音ちゃんは、コンスタントな動きで上手に臭いを捕る事ができています。ハンドラー側からは、少し遊んでいるように見えるようですが、非常に真剣に捜索ができていますので結果も正しく出せています。ただ、残留臭への反応もしますので、ハンドラー側から見るとハイドへの到達と、残留臭の見極めが出来ない場面もありますので、今まで以上に花音ちゃんの動きへの観察力を高めていきましょう。オブジェクトサーチに関しても躊躇もありませんし、楽しいノーズワークが出来ています。

テンテン君は、久しぶりの参加となりました。以前よりも一回り成長したようで大きくなっていましたし、性格的な落ち着きも出てきたようです。今日は、いつものハイバリュートリーツを忘れてしまったようで、捜索への意欲が、いつもよりもかなり低下しているように感じました。ノーズワークの楽しさや求められているものなどは、充分に理解できているテンテン君ですので、次回のセッションでは、必ずハイバリュートリーツを忘れずに楽しい時間が過ごせるようにしましょう。そんな中でも、今日のノーズワークはミスも無くクリアできていましたし、ハンドラーの告知も安定していました。

ソラちゃんは、相変わらず安定した捜索ができています。BOXサーチでもオブジェクトサーチでも、前回はハイドの量を最小限にしてチャレンジして頂きましたが、今日も同じような設定でも非常にスピード感のある捜索ができています。ハンドラーの告知も安定していますので、今までのセッションで作り上げてきた良い関係性に伴う最高のペアだと思います。オブジェクトでも、非常に大胆なアクセスをするようにもなってきていますので、これからも楽しんでいきましょう。

初めてのノーズワークのソックス君(チワワ6ヶ月♂)は、最初から非常に意欲的でした。ハイバリューの選択も、食欲もあり本日お持ちになったトリーツは、どちらでも非常に良い反応でしたが、今後、再確認してみましょう。Step1からのスタートも全く問題なくクリアできており、ビギナークラスでは、異例のステップアップになりました。意欲だけではなく、確実にセントコーンに対しての反応が出来ていますしハイドへの到達が確実にできています。本当に、これからが楽しみです。

light君(チワワ6歳♂)も初めてのノーズワークにチャレンジです。最初は、中々BOXの中のトリーツにアクセスする事にも躊躇があり、手からしかトリーツが食べることが出来ませんでしたが、徐々に理解が深まってきてBOXCサーチで鼻を使うこともできるようになってきました。セッションごとに、少し戸惑いや不安感も少し見られる時間帯もありましたが、上手に克服が出来るようになっていました。現段階のセッションを繰り返し安定して行うことでメンタルの安定性も出てきますので、是非、頑張って下さい。

モンテスキュー君は、バリエーションサーチのステップアップを経験して頂きました。BOXの数が多い為に捜索時間も長くなりましたが、一生懸命に意欲を維持して捜索ができるようになっていました。今回は、飼い主さんの勘違いから前回とは違うトリーツがハイバリュートリーツでしたので、次回は必ず最高のトリーツをご用意ください。後半のセッションでは、達成感を更に強化できるような設定でセッションを行い、モンテスキュー君も楽しく終わることが出来たようです。ハンドラーの今後のお勉強としては、今以上にモンテスキュー君の動きを読めるように頑張って下さい。

まめ太君は、バリエーションボックスサーチでは、BOXの数が多く、少し戸惑いも見られました。緊張感も高まったようですが、捜索中のラウンド行動が、セントコーンに対してという動きではなく習慣的な動きになっていますので、対流の変化があると、中々セントコーンを捉えきれない要因にもなりますので、基礎段階のセッションを再確認の意味でももう一度行い、安定感のある捜索を目指していきましょう。またハイバリュートリーツの再選択も必要なようです。

くまごろう君は、セッションが始まる前は、少し周りに対して敏感に反応する場面が見られましたが、ノーズワークが始まると一気にスイッチが切り替わりました。バリエーションボックスサーチでは、少し時間のかかる設定もありましたが諦めることなく捜索ができていたことは精神面での成長です。ハンドラーの告知も間違えずに確実にくまごろう君の動きを見極められているようですので、今後のステップアップでも観察力を高めてくまごろ君の能力を充分に引出してあげるようにして下さい。

ニケちゃんは2ヶ月ぶりの参加となりました。前回よりも少し落ち着きがあり捜索の動きにも、それは表れています。捜索スピード全体が、以前よりもスローですが、セントコーンに対しての反応は、相変わらず速く的確です。少し難易度を上げたセッションでは時間を要しましたが確実に到達できていました。ハンドラーの告知は、少しブランクが空きましたので誤告知をしてしまう場面も見られましたので、また今後も楽しみながらレベルアップをしていきましよう。

関連記事

  1. P/L:B君。

  2. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  3. P/L:マフィン君。

  4. P/L:こはくちゃん。

  5. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  6. 第9回 清水ヶ丘公園マナーアップスクール

  7. P/L:マー君&ゲイリー君。

  8. P/L:マロニー君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930