オビディエンスグループレッスン。

今日のオビディエンスグループレッスンは、ブルース君&リンゴスターちゃん・ローキーちゃんのそれぞれの課題や取り組みのトレーニングです。

これからのステップアップとして、ブルース君&リンゴスターちゃんに関しては、アテンションコントロールも理解できるようになってきましたので、1頭がトレーニングをしている際の待機もシッカリできるようにステップアップのトレーニングをして頂きました。この場合は、指導手の視点はトレーニングをしていると待機をしている犬の2点ですので難易度があがります。

しかし、どちらかがトレーニングをしてトリーツを貰ったり遊んだりしていても、待機は待機の姿勢を維持させる事もトレーニングの一貫です。トレーニングをしている方を誉める事は当たり前ですが、待機をして待っている方も誉めて姿勢を維持させる事がとても大切ですし、指導手に対しての集中力やコマンドへの反応の強化や実行性ににも大きな影響を与えますので今後も取り入れて頑張って下さい。

ローキーちゃんは、鳥への反応はかなり改善されているようですし、ポイント後も飼い主さんのコマンドへの実行性のバランスの方が高いようです。ただ、今日のレッスンでのロングリードを使った動きの確認の際も、飼い主さんのリードの使い方がコマンドと同時にリードでのコントロールが目立ちますので、事前のコマンドでコントロールしましょう。

脚側停座のヒールポジションのコマンドへの実行性が、安定していません。これはヒールポジションに限らず全てのコマンドに対しての喜求的なスムーズな移動が理想です。特にトレーニングの段階でのトリーツの使い方を理解しておかないとアイコンタクトやコマンドを待つ姿勢が崩れてしまい、手の動きを追いかけたりトリーツの出る動き(飼い主さんのボディーランゲージ)で反応してしまうようになりますので、常にトリーツを持っている手に左右されずにアイコンタクトを優先できるような確認をしていきましょう。
脚側行進の動きは、以前よりも誉め言葉が少なくても集中できていますが、ターンなどの動きの場合は、同調性がありませんので今後の課題にして下さい。「Down」はとても素早く問題はありません。「Stand」もできるようになりましたので脚側停座の位置なども正しい位置に座れるように根気強く日頃のトレーニングを積み重ねていきましょう。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. P/L:杏ちゃん。

  2. DRDN災害救助犬ネットワーク服従認定R審査会。

  3. ノーズワークグループレッスン。

  4. P/L:マー君&ゲイリー君。

  5. P/L:たんぽぽちゃん。

  6. P/L:マフィン君。

  7. P/L:モコちゃん。

  8. P/L:トナ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031