P/L:クマタソ君

今日のクマタソ君のレッスンは、1か月前にクマタソ君のトライアルにチャレンジしましたが、心の準備や対応への不安などから一時は諦めてしまいました。しかし、先日の「犬を迎える前に迎えた後に」のセミナーを受講後に、もう一度、トライアルにチャレンジしたいというご意向があり、今回は現状のクマタソ君の反応や動きを事前に確認し、どのように向き合う事が必要で、大切なのか?を実践をしながら感じて頂きトライアルに再チャレンジです。

4か月を過ぎ、益々和犬らしく成長してきたクマタソ君。キラキラお目目がやる気満々で何でも吸収できる楽しい月齢です。

アテンションとアイコンタクトは、飼い主さんの対応次第ですぐに理解しますので、誉める事を大切にしながらアイコンタクトの理解を深めるようにして下さい。

室内でのトレーニングと屋外でのお散歩などの環境刺激の中での動き方は違うレベルになりますので、実際にお散歩での状況を想定したトレーニングも行いました。

リードを短くしてコントロールするよりもリードに余裕を持たせてクマタソ君が自発的に傍で歩けるようにトレーニングをしていきましょう。室内よりも屋外の方がコマンドや誉め言葉に表現力が求められますので恥ずかしがらずに、クマタソ君が注目してくれる飼い主さんになりましょう。

現在も首周りや首輪にリードを装着する事に対して抵抗感がありますので、これに対する飼い主さんの対応を実際にリードを装着したり外したりする反復トレーニングです。

焦らず時間をかけて、飼い主さんがクマタソ君を怖がらずに自信を持って自分の体の中に犬を迎え入れる気持ちで対応することで問題なくできるようになります。本能的に拒否反応を示すことに対しては冷静に対応しないとギクシャクしてしまいますので注意しましょう。

「ヒールポジション」や「伏せ」もすぐに覚えることができています。

どんどん可能性を広げて、お互いに達成感のある取り組みで充実した時間を過ごせるように頑張ってください。


関連記事

  1. ノーズワークトレーナークラス

  2. P/L:花音ちゃん。

  3. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  4. P/L:ルナちゃん&パンチョ君

  5. P/L:獅子君。

  6. P/L:アメリちゃん。

  7. P/L:紅莉ちゃん

  8. パブリックアクセス・グループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031