オビディエンスグループレッスン。

今日のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、たんぽぽちゃん・ブルース君&リンゴスターちゃんです。

リンゴスターちゃんは、脚側行進のポジションが遅れの改善ができてきていますので紐付きも紐なしも安定してきました。指導手も自信を持って脚側行進ができています。しかし、時折、リンゴスターちゃんの動きに合わせてしまう場面がありますので指導手の歩速を変えずに集中を高められるようにして下さい。「立止」は、まだ完全に後脚始動の意識にはなっていないものの、真っ直ぐに立止ができるようになっていますので、リードのテンションを指導手が理解しながら、トレーニングをして下さい。

たんぽぽちゃんは、レッスン前の時間の使い方を間違えてしまいトレーニングへの意欲や集中力が低下してしまいました。そんな中でも、コマンドに対しての実行性は以前よりも向上しています。脚側停座のポジションが少し前よりになっていますので正しいポジションに修正していきましょう。集中力の維持が出来ないと「招呼」での反応やスピード感も低下しますので、今後もトレーニングの時間や取り組み方を考慮して下さい。「伏臥」や「立止」も脚側停座のポジションが前方になっていることで、指導手へのアイコンタクトが維持できなくなっています。「立止」の強化トレーニングは、根気強く進めてください。

ブルース君の脚側行進についてのトレーニングは、指導手の理解や技術が重要な意味を持ちますので、再確認していきましょう。脚側停座の位置も、正しい位置から、かなり斜めの意識が強くなっていますので、正しい位置に脚側停座させながら、1歩ずつ丁寧に脚側行進のトレーニングを積み重ねることが求められるトレーニングです。トリーツを使う意味やボールを使わない意味なども、必ず理由がありますので、トレーニングを行なう場合も、ブルース君の理解や反応を確認しながら方法を選択して下さい。現在のブルース君とのトレーニングで形だけを求めるのではなく指導手のコマンドに対しての集中や実行性を高める為の心の育成です。形にとらわれずにトレーニングをして下さい。

関連記事

  1. P/L:Mike君。

  2. P/L:たんぽぽちゃん。

  3. オビディエンス・グループレッスン。

  4. P/L:獅子君。

  5. Trailing Dog グループレッスン。

  6. P/L:マー君&ゲイリー君。

  7. P/L:マー君&ゲイリー君&あんちゃん。

  8. P/L:マーク君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728