P/L:花音ちゃん。

今日の花音ちゃんのレッスンは、現在の一番の課題であるお散歩トレーニングです。

他の犬に対しても興味がありますが、特に第三者に対しての反応が強く、通りがかりの人にも積極的にアピールをしてしまいます。
動きがとても速い為に、飼い主さんの指示が後手になり中々コントロールする事ができないのが現状です。また、花音ちゃんへの飼い主さんの気持ちが様々な意味を持ちながら、全てをアテンションで理解させようとする傾向もありますので、お散歩中にアテンションの頻度が高すぎてしまい、花音ちゃんのアテンションへの反応が低下してしまう要因にもなっています。どのタイミングで、どのコマンドでコントロールするのか?を再認識して頂き、花音ちゃんにも分かり易いコントロールを習得していきましょう。

環境刺激の低い条件でのアイコンタクトは、トレーニングでの基本になりますので、室内・玄関・エントラスホールなど、少しずつ刺激条件を加えながら確認していきましょう。屋外に出た際のアイコンタクトの安定を目指すことが目的ですので焦らずに丁寧に進めていかないと花音ちゃんの理解が進みません。また、この際のアイコンタクトを飼い主さんの姿勢や目線を花音ちゃんに合わせるような事をしないように注意しましょう。アイコンタクトに限らず、コマンドを出して、そのコマンドに従ったように見せる飼い主さんの動きは、犬の動きに合わせて飼い主さんが動いているだけですので、客観的に見れば、「飼い主さんがコマンドを出して犬が従っているのではなく実際は飼い主さんが犬に従っている事になります。」

花音ちゃんが自発的に飼い主さんの傍で歩く事を選択する自発行動を強化していきましょう。この際も、少しずつ環境刺激も加えながら花音ちゃんの心の動きを確認します。

トリーツで誘導するのではなくアイコンタクトして一緒に歩けていることをタイミングよく誉める事が先決です。報酬として与えるトリーツも、出てくる場所やタイミングを良く考えながら進めていきましょう。後に、他の犬が存在する状況下でも無視して歩けていることを誉める事が大切です。
今までのお散歩は、あまりにも誉める機会が少なく、花音ちゃんにしてみると楽しくないお散歩でしたので、期待感の高まる楽しいお散歩を心がけましょう。

基本的なコマンドのトレーニングもアイコンタクトを重視して進めましょう。

「呼び戻し」「待て」の基本的なトレーニングの方法を理解して日々のお散歩にも取り入れることで飼い主さんとのコミュニケーションの時間が増えます。このトレーニングも、飼い主さんのコマンドや声掛けに期待感を持って反応できるようになる為には、飼い主さんへのアイコンタクトが最も大切です。

関連記事

  1. P/L:マー君&ゲイリー君。

  2. with sarada 122th Yokohama-School

  3. P/L:ローキーちゃん。

  4. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  5. P/L:パルフェ君。

  6. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  7. P/L:ポポ君。

  8. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031