P/L:ローキーちゃん。

今日のローキーちゃんのレッスンは、お散歩スタイルの確立に向けてのトレーニングや刺激の中での呼び戻しとオビディエンスのコマンドトレーニングです。

いつもの、お友達と会う機会がありましたので、いつもと同じように遊びながらの呼び戻しや、その他のコマンドの実行性などを確認させて頂きました。ここで確実に変化が表れたのが、ローキーちゃんではなく飼い主さんのコマンドの出し方や徹底のさせ方が、トレーニングとは違いが出てきているということです。ローキーちゃんも、トレーニングの段階と普段の遊びとでは、明らかにこまんどへの反応を区別している傾向が見られますので、例外のない対応を飼い主さんの気持ちの改善から進めていきましょう。

トレーニングもモードになると、集中力も高くなりコマンドへの反応も出ています。但し、ここ最近のトレーニングで取り組んでいるアイコンタクトの重要性に関しては、まだ不安定な場面もあります。その場面は、トレーニングモードの状態ではない日常の何気ないコマンドです。例えば、ご自宅での来客時の「待て」などもそうですが、「待て」のコマンドよりも来客への意識が強くなり「待て」の姿勢が維持できなくなっています。この時に、「待て」のコマンドを出している飼い主さんへのアイコンタクトが意識できれば姿勢も維持できるようになりますので、もう少しアイコンタクトを強化し大切に考えてみましょう。

前回のレッスンで行なった遠隔コマンドのトレーニングですが、日頃の練習では、コマンドには従っているものの、コマンドを出すたびに飼い主さんの方向へ動きながら実行するために、10m離れていても徐々に近づいてきてしまう動きになっています。これを改善する為に、ローキーちゃんが自分の居なければいけない場所を認識させられるように目標物の上でコマンドを実行させるようにしながら、同じ場所で連続的にコマンドを実行するようにトレーニングをして下さい。コマンドも「Sit」「Down」「Stand」「Down」「Stand」「Sit」「Down」「Sit」「Stand」など、1つのコマンドから、もう2つのコマンドへ移行ができるようにトレーニングをしてみて下さい。

関連記事

  1. P/L:ルナちゃん。

  2. ノーズワークグループレッスン。

  3. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  4. P/L:ぼたんちゃん。

  5. P/L:ブルース君。

  6. P/L:凜ちゃん。

  7. P/L:マー君&ゲイリー君。

  8. 小田原フラワーガーデン合同防災フェア。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031