P/L:リンゴスターちゃん。

今日のリンゴスターちゃんのレッスンは、前回に引き続きパブリックトレーニングです。今回は、初めての環境が多かった事もあり色々な場所でのリンゴスターちゃんの反応やコマンドに対しての実行性と飼い主さんの判断力などをチェックさせて頂きました。

横断歩道前の脚側停座

「脚側停座」という競技における基本姿勢も日常の生活やパブリックスペースでの活動には、とても有効なコマンドです。競技のように点数がつく訳ではありませんので緊張して強くコマンドを出す必要はありませんので犬もリラックスをしています。そして、このような環境下で飼い主さんの励みになるのが点数ではなく、周りの人の評価です。「いい子ですね。」と声を掛けられる事は、今までのトレーニングが評価されている証!

どんな場所でも正しいポジションで脚側停座の位置に座って信号待ちができることは、それほど簡単な事ではないですがトレーニングをすると自然にできるようになります。

通行の邪魔にならない場所で待つこともマナーです。繁華街は、人通りも多い為に臨機応変にポジションを考慮しましょう。

人混みとスクランブル交差点

ブルース君よりも環境や刺激に対しての適応力があるために、飼い主さんの緊張感が少し緩む場面が見られます。リンゴスターちゃんの癖として、左側にいる人やすれ違う人に寄っていく傾向が見られますので、良く観察して人ごみの通過を安定したものにしましょう。

初めての経験のスクランブル交差点は、あらゆる方向から人が向かってきますので飼い主さんと犬との距離感が安定している事が望ましく、フラフラさせないように注意が必要です。また、飼い主さんの以前からの癖で、犬の歩速に合わせて歩く傾向がありますので、自分のリズムでコントロールできるようにしていきましょう。

階段と地下プロムナード

階段の上り下りは、まだ安定感はありませんが環境に対しての敏感な動きはありませんのでルールを徹底することで改善されます。

地下の閉鎖空間は、初めての経験ですが問題なく通過できていました。沢山の人から微笑ましい表現で声を掛けられる事も多いリンゴスターちゃんですので、飼い主さんの判断力もポイントとなりますので、今後も経験値を増やしていきましょう。


 

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

 

関連記事

  1. P/L:スフレちゃん。

  2. P/L:まる君。

  3. P/L:ローキーちゃん。

  4. 雪山捜索救助連携訓練。

  5. オビディエンスグループレッスン。

  6. P/L:ローキーちゃん。

  7. P/L:ピッピちゃん。

  8. P/L:マー君&ゲイリー君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031