P/L:ルイジ君

今日のルイジ君のレッスンは、前回に引き続きお散歩での他の犬に対する吠えの改善トレーニングです。今日は、今までのワンポイントでの対応を実際のお散歩での状況を確認させて頂きながら、不足している対応などについて実践トレーニングを行いました。

お散歩のルールの確認と、その実行性に関して、現在のお散歩の中には飼い主さんがイニシアチブを握った時間が非常に少なく、ルイジ君が主体となったお散歩になっていますので、ルールを理解させる段階ではなくなっています。

レッスンの中で行った、路上の白線のライン上を歩くトレーニングも、「飼い主さんの進む方向に合わせなさい」という意思表示は、歩く方向に妥協がないことなどでルイジ君が感じることにつながります。リードの張りも常に同じ短さで動いていると、ルイジ君の本来の自主性なども確認できない事につながりますので少し余裕をもってリードを持てるようにしていきましょう。

去勢後も、本能的なマーキング行動や臭い嗅ぎへの興味の強さは極端に軽減してはいませんので、右往左往と引っ張り回される要因です。この動きを飼い主さんの妥協しない歩行と、臭い嗅ぎやマーキングの際に、「Stay」「Sit」でコマンドに従えたら報酬として解除してあげることで一定のルールの中で飼い主さんを意識できるお散歩になります。

確実に以前よりもアイコンタクトが強くなり、我慢をする気持ちも生まれています。この気持ちの変化をシッカリと飼い主さんが確認して100%の「Good!」で誉めれることと、改善の対象の行動には、100%の「NO!」を与えられるようにメリハリのある対応を心がけて下さい。

レッスンの後半は、前方に他の犬のいる状況下で以前ならば吠えていた距離間でも我慢できていました。まだ直近の距離は難しいですが段階的成長は確認できます。今後の飼い主さんの頑張りに期待いたします。


関連記事

  1. お知らせ。

  2. P/L:たんぽぽちゃん。

  3. P/L:ぼたんちゃん。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  6. P/L:ブルース君。

  7. P/L:Mike君。

  8. P/L:しぇり君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930