P/L:ミクちゃん。

今日のミクちゃんのレッスンは夕方からのお散歩トレーニングです。最近は、シープドック系の犬種の犬に対して、強く反応するようです。飼い主さんの対応をどうすべきなのか?をハッキリと決めて対応を考えていきましょう。

今日のレッスンでも飼い主さんからのコマンドに対しての実行性が非常に安定している場面が多く見られました。他の犬への挨拶のの前の「ツケ」のコマンドのルールも良く理解できており、前回のレッスンで改善をお願いした「ツケ」の精度の向上もできています。

挨拶をする前の「ツケ」と許可で挨拶に行けるルールは、興奮せずに飼い主さんのコマンドを優先できています。

今までは少し苦手だった相手とも挨拶ができるようになっていますが、全ての犬にフレンドリーである必要はありませんので、ミクちゃんとの相性を優先して無理をしないようにして下さい。

「ツケ」でのポジションとアイコンタクトは良く理解できています。トリーツを与えるかどうか?や誉め方と、開放のタイミングも工夫してください。また「ミク」のアテンションが連呼されていますので音響洪水にならないようにアテンションを大切に使い、常に強化し反応を確認してください。アテンションが安定していれば「見て」というコマンドは不要になりますし、他の犬をミクちゃんよりも先に発見した際に、「ミク」と呼ぶ癖がありますので、ミクちゃんには犬が来た合図になります。改善をしていきましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. with sarada 109th Yokohama-School。

  3. お知らせ。

  4. 雪山捜索救助連携訓練。

  5. with sarada 114th Yokohama-School

  6. with sarada 151th Yokohama-School

  7. P/L:ブルース君。

  8. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31