トレーリンググループレッスン。

今日のトレーリンググループレッスンに参加されたのは、音和ちゃん宇太君デナリちゃんチーちゃんシュンクンの3組5頭です。

地形の違い

今日のセッションは、土の芝生が混在する地形でのトレールを設定してのセッションを行いました。難易度は高いのですが純粋な集積を理解させる為のハードな地形よりも集積は残りやすい利点はあるものの、それ以外の誘惑臭に汚染されている場合も考えられますので集積への安定した意識が必要となります。ハンドラーは、トレールを理解して犬の反応を見極めながらヘルパーに辿り着けるように考えないとリードから伝わる反応を感じられなくなります。

 

屈折

今回は「屈折」を、それぞれのセッションに取り入れました。この場合、風の向きによりエアセントで動く場合も見られますが間違いではありませんし、屈折の導入時はスタート時のトレールの認識から屈折ポイントでエアセントで取れる設定の方が分り易く理解が進みます。

 

キャスティングスタート

原臭の置いてある地点から、どちらの方向にヘルパーが進んだのか?を導き出す、とても大切な段階のトレーニングです。トレーリングのスタートですので、この方向が正しくなければトレールを発見する事もヘルパーを発見する事もできませんので、今後も時間をかけて丁寧に進めていきましょう。

 

Tトレールの導入

2人のヘルパーを使うTトレールは、今日のセッション環境よりも、もっとシンプルで分り易い環境下で行う方が、原臭のトレールに対しての犬の認識が高まると思われますので、次回以降の環境設定も考慮したいと思います。ただ、トレールへの認識は安定しつつありますので今後も楽しみです。

 


 

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

 

関連記事

  1. P/L:ソラ君。

  2. with sarada Member 更新及び新規入会のお知らせ。

  3. オビディエンス合同レッスン。

  4. トレーリンググループレッスン。

  5. P/L:トナ君。

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  8. with sarada 114th Yokohama-School

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031