P/L:マロニー君。

久しぶりのレッスンとなったマロニー君は、相変らずテンション高く迎えてくれましたが、飛びつきの行動が多いという飼い主さんからのお話でしたので、適切な運動を与える事と「お座り」の強化や、正しい行動を観察して誉める事を徹底して頂くようにお願いしました。
来客時の吠えに関しても、吠えが止まらないほどの事ではなく、犬として当然の反応ですので必要以上に抑制を考えずにしてみましょう。現在の課題の要因は、やはり月齢に伴うストレスの発散が改善への近道ですので、飼い主さんも体を動かしながらマロニー君とのコミュニケーションの時間を作るようにしてみて下さい。
また今後は、様々な環境にマロニー君と同行する事を考えるとクレートトレーニングは必要になりますので室内で取り組んでみて下さい。パピーの頃に購入されたという事もあり現在のマロニー君には、少し小さいクレートです。
最初は誘導で構いませんので、新しいモノに対してのイメージをプラスにするようにトレーニングを進めて下さい。
また、このトレーニングをする時にだけ、クレートを出すのではなく日常生活の1部として部屋に置いておくようにして、ご飯の際に、このクレートに近づく事や少しでも中へ意識が向くような反応が見られた事でご飯がもらえるように進めて下さい。
最初は、オープンな感覚を与えるようにしていかないと、マロニー君の場合は警戒しますので楽しく教えて下さい。遊びながら、どんな方向からでもクレートに対して嫌悪感や警戒心が出ないようにする事が大切です。
また中へ入っても、現在の大きさですと、中での回転が難しいですから、新たにサイズが合ったクレートを購入して同じようなトレーニングを進めて下さい。
屋外でのボールを使ったレトリーブの遊びも、一定のルールを教えながら遊んでみて下さい。リードの範囲内で、ボールを持ってこさせてから、ボールを渡す事も教えていきましょう。この際は、ご褒美と交換ではなく、渡したら、また投げてもらえるという遊びの報酬でレトリーブを楽しんで下さい。
お散歩自体は、随分落ち着いて歩けるようになっていますので、信号待ちの待てやお座りのコマンドに対しての実行性を強化していきましょう。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. P/L:ぼたんちゃん。

  2. オビディエンスグループレッスン。

  3. P/L:くう君。

  4. P/L:ピッピちゃん。

  5. P/L:ムッシュ君。

  6. 緊急消防援助隊関東ブロック合同訓練

  7. トレーリンググループレッスン。

  8. ノーズワークグループレッスンー Trainer Class ー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。