P/L:ローキーちゃん。

今日のローキーちゃんのレッスンは、コマンドの意味と実行性や維持について、お散歩をしながら、どのシチュエーションでどんなコマンドガ有効か?を確認と検証をしながらお散歩のルールなども飼い主さんに再認識して頂きました。
フリーの状態で臭い嗅ぎもOKですが、リードを強く引かないようにコントロールしていかないとローキーちゃんが引けば飼い主さんが着いてくるイメージは良いスタイルではありませんので改善していきましょう。当然ですが、臭い嗅ぎに夢中になるとコマンドに対しての反応も低くなりますし実行性も低下してしまいます。また、現状のお散歩では、この状態から「待て」のコマンドを出す場合に、リードでの指示が入ってしまいますので、ローキーちゃんがコマンドを理解して止まったのかどうか?が確認できていませんので余裕を持ってコマンドへの反応の確認ができるようにしてみて下さい。
ヒールポジションまでは必要ありませんが、飼い主さんと歩調を合わせてゆっくり歩けるスタイルがとても大切です。先程のフリーの状態でも飼い主さんは「ゆっくり」というコマンドを連呼していますので、現在のローキーちゃんのコマンド認識は「ゆっくり」は、引っ張れば良い事になりますので、正しい動きを理解させてお散歩を楽しんで下さい。このゆっくりの姿勢が維持できるようにする為には、タイミングよく誉める事が大切です。あまりトリーツを多用し過ぎると、姿勢の維持ができなくなりますのでトリーツの使い方にも工夫が必要です。飼い主さんを意識できていれば、車が来る狭い道でも自分の方に寄せたければ「Come」で寄せて「Sit」や「Hell」でパーソナルスペースを狭めてローキーちゃんを安全に守ることができます。
特に「待て」は命を守るコマンドにもなりますので、「Sit」や「Down」の姿勢で待たせるだけではなくフリーズの姿勢で「動かない」という認識をローキーちゃんにさせられるようにする事が必要です。最初の頃よりも飼い主さんの努力で「待て」の精度が、飛躍的に伸びていますので今後も根気強くステップアップしてみて下さい。他の犬とのすれ違いでは、ゆっくりの姿勢が安定すると、その姿勢から「Hell」は、それほど難しいポジションではありませんので解除の「OK」を含めて3つの動きを明確に認識できるように丁寧に教えていくように考えて下さい。
ローキーちゃん自身は、既にこの3つのコマンドの理解はできていますが、ハンドラーとしての飼い主さんのフィードバックが一貫していない事が現状の課題につながっています。是非、ローキーちゃんに認められる魅力のある飼い主さんを目指していきましょう。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. P/L:マー君&ゲイリー君。

  2. P/L:モコちゃん。

  3. P/L:スフレちゃん。

  4. P/L:空ちゃん&ウークちゃん。

  5. P/L:ローキーちゃん

  6. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  7. ノーズワークグループレッスン。

  8. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930