P/L:ローキーちゃん。

今日のローキーちゃんのレッスンは、現在までのコマンドの実行性や精度を向上させるための、飼い主さん側の対応の仕方やコマンドを出すタイミングなどのチェックや改善について実践トレーニングで確認して頂きました。
お散歩のポジションも、かなり引き癖が強くなり、飼い主さんのコマンドには一時的に従うものの、持続できていません。これは、ローキーちゃんの前へ出る瞬間に指示を出さなければいけないのですが、前へ出てしまってから指示を出す為に、前へ出る行動は改善されていません。今までの習慣になっている動きですし飼い主さんのコマンドの出すタイミングや誉め方や開放の方法がパターン化されている為に、ローキーちゃんはコマンドを理解しているのではなくパターンを理解して動いています。
河川敷での鳥に対しての反応も、エアセントして臭いに反応して動き出した時点で呼び戻すようにしないと、ローキーちゃんが満足してから呼び戻すというパターンは、実際の呼び戻しのコマンドを理解しているとは言えませんのでコマンドを出すタイミングを再確認して、誘惑よりもコマンドを優先できるようにロングリードを上手に使って下さい。
ヒールポジションの停座と歩行に関しては、停座するポジションの精度を向上させる事と、前方に他の犬や誘惑刺激があると飼い主さんへのアイコンタクトができなくなり、ヒールポジションはしていても視線は、誘惑に向かっていますのでアイコンタクトをしているかどうか?を必ず確認して下さい。ヒールでの歩行に関しては、以前よりも持続できるようになりましたが、飼い主さんからのコマンドを含めた声掛けが、多いですから、シンプルに「ヒール」のコマンドのみでトレーニングをしていきましょう。
1歳を過ぎて、今までなら出来ていた事が意図的に実行しなくなったりする不服従の傾向も出てきています。強いプレッシャーを与える必要はありませんが「従わない」という選択肢は無いと言う事を冷静な態度と対応を理解させて、実行できた時はシッカリと誉めれるようにして下さい。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. P/L:巴ちゃん。

  2. ノーズワークグループレッスン ー Step up Class ー

  3. ノーズワークグループレッスン ー Open Class -

  4. P/L:トナ君。

  5. P/L:ぽんず君。

  6. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  7. P/L:いちごちゃん

  8. DRDN捜索基礎訓練会。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031