オビディエンスグループレッスン。

今朝のオビディエンスグループレッスンは、ブルース君&リンゴスターちゃん・モコちゃん&プーちゃんの個別の課題トレーニングです。

ブルース君は、脚側停座と脚側行進の連動性について、もう少し大切に考えていきましょう。特に脚側停座におけるブルース君の指導手に対する集中できている時間が短すぎる為に、その先の脚側行進に移行できないまま進んでいますので、脚側停座を確実に安定させながら進めていくようにしましょう。その際に、最も大切なのはブルース君のアイコンタクトの姿勢です。指導手のブルース君を見る視線が外れた時点で、ブルース君のアイコンタクトも外れてしまうようでは、本来の脚側停座ではありませんので、指導手の視線が外れてもブルース君がアイコンタクトをして集中できている脚側停座の姿勢を完成させるようにしてみて下さい。


モコちゃんは、また少し先行気味で斜行した脚側行進になっていましたので、基礎トレーニングに戻しながら、反転とトリーツの出る位置を再確認して姿勢の修正をして頂きました。今朝のくらいの気温であれば、十分に伏臥の課目もクリアできますし姿勢の維持もできています。招呼での停座の維持は、時間によって浮いてしまう場合がありますので、この動きの修正も進めていくようにしましょう。立止に関しては、まだ完全に立ちきれていないようですし、前足始動ですと前方に動きすぎますので時間をかけても後ろ足始動で進めていく方が良いと思います。


リンゴスターちゃんの現在の課題は、脚側行進の遅れですが、この遅れは意欲が低下して遅れているのではなく左手を追いかけている為に、遅れる現象です。改善方法はいくつかありますが、今までのトレーニングの過程からの学習ですので、左からの報酬のパターンを一時的に右から与えて、前へ被り過ぎないように修正しながら進めて頂きました。指導手の視界にリンゴスターちゃんの頭が入るようなポジションを確立して下さい。招呼のコマンドへの1声符での反応も良くなっていますし、到達時点でのオーバーランもなくなっていますので、このレベルを維持させながらステップアップしていきましょう。伏臥も1声符で実行できていますが、停座に戻す場合の指導手の視符は無くしていきましょう。今日の立止は、真っ直ぐ立てていました。


プーちゃんも脚側行進のポジションが少し不安定になってきていましたので基礎トレーニングに戻しながらポジションの確認を行いました。また行進中の作業に関しては、ひも付きで確実に実行できるように再確認させ、安定感を持たせていきたいと思います。自由選択科目の精度に関しても、少し課題が出ていますので、どの課目を選択するのか?に関しても決めながら今後のトレーニングを進めていきましょう。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. ノーズワークグループレッスン ーOpen Classー

  2. Dog Wave Nose Work Competition。

  3. P/L:凜ちゃん。

  4. オビディエンスグループレッスン。

  5. P/L:マー君&ゲイリー君。

  6. P/L:ぼたんちゃん。

  7. P/L:マー君&ゲイリー君。

  8. P/L:パルフェ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930