P/L:マー君&ゲイリー君。

今日のマー君&ゲイリー君のレッスンは、コマンドの強化トレーニングと遊びの中での新しいルールの採用についてのトレーニングです。
いつものコースから変更しながら新しい環境刺激でも同じように意識して歩けたり階段での同調した歩き方ができるか?などを確認しましたが、違う臭いに対しての多少の反応は見られるものの動きやコマンドに対しての反応は安定してきています。
河川敷でのレトリーブでは、近くに他の犬が居ても無視をして自分たちのエリアで楽しむ事もできるようになりました。そこで、今回からレトリーブの遊びの中にもアテンションコントロールと同じように、1頭は待機をして1頭だけレトリーブをするという新しいルールの採用を理解させる為の、導入トレーニングをしました。
どうしても今までの習慣や流れや、それぞれの競い合いの中でのレトリーブを楽しんでいましたので、中々1頭が遊んでいるのに待機をして、それを見ているだけの姿勢は難易度が高い設定です。しかし、アテンションコントロールと同様に、1頭のみに与えられた許可を理解させる事で、遊びへの許可に対しての集中力も養われますので、「待つ」事の大切さを今後も様々なロケーションで教えていきましょう。ある意味、レトリーブは2頭にとっては、とても強い誘惑刺激ですが、無視ができるように努力する事も、このトレーニングには必要になります。今日のレッスンでは「Down」「Saty」のコマンドで待機する側は待たせておきながら、レトリーブする側は、待機している側に、あまり大きな誘惑にならない程度に短い距離からレトリーブを繰り返し、待機している側をシッカリと誉める事がポイントです。しかし、このパターンばかりでは、面白くありませんので最後は、いつものように2頭を解放してのレトリーブで発散させて楽しく終わらせるようにしていきましょう。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. P/L:凜ちゃん。

  2. P/L:パルフェ君。

  3. トレーリンググループレッスン。

  4. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  5. P/L:マー君&ゲイリー君。

  6. P/L:ぽんず君。

  7. P/L:凜ちゃん。

  8. P/L:ゲイリー君&マー君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728