P/L:ルーク君

今日のルーク君のレッスンは、最近の状況の確認とコマンドの基礎トレーニングを中心に行い、後半はノーズワークのセッションを行いました。

以前から取り組んでいる「ヒール」のポジションのトレーニングですが、日常の中でのルーク君とのかかわりあの中で、無意識に飼い主さん側がルーク君の要求に応えてしまう機会が多いようですので、肝心な場面ではルーク君は飼い主さんの指示には従う選択をしなくなります。また、今までのトレーニングでトリーツによる誘導でのトレーニングで成り立っている関係性では、コマンドを優先するという認識よりも、如何にトリーツを獲得するか?という効率の良い選択を優先するようになっています。今の、ルーク君の理解は、コマンドが出ると無理に動かなくてもフリーズするとトリーツが出てくる事を学んでいますし、その通りにニンゲンが動いてしまいますので、いつまでもステップアップが出来ない状況が続いています。今日のレッスンでは、その打開策として、どのようにトレーニングを進めると理解が深まるのか?または、関係性を改善できるのか?を再確認して頂きました。特に、オフリードでルーク君が、どのように判断するのか?を飼い主さんが観察し、理解をすることから始めましょう。

「待て」のコマンドは、FIELDの環境にも慣れてきたこともあり、以前よりも安定して待てるようになってきています。基本的なセオリーを飼い主さんが理解した上で、環境刺激を変えても同じような結果を得ることができるようにステップアップを焦らないで進めてみて下さい。

お散歩での他の犬とのすれ違いや、同じ空間に何頭もの犬が存在する条件下での吠えに関しては、環境刺激レベルの違いにより結果にはバラつきがありますが、ルーク君の心の変化や、それに伴う反応の変化を見落とさずに、単に「吠えたか?吠えないか?」だけではない事を理解してトレーニングを継続してください。


ノーズワークは、ハイドの大きさも小さくなり当初よりも匂いは小さい為に、集中力が必要となる中、とても意欲的な捜索を見せてくれました。

また、今回のセッションでは告知の際の静止姿勢の時間を延ばす為の、ワンポイントトレーニングで、ハンドラー側の観察しなければいけないポイントも理解できたと思いますので、報酬の提示タイミングを、ルーク君の動きを良く観察しながら対応するようにしていきましょう。


関連記事

  1. P/L:ハル君

  2. NWP:ミーナちゃん&かん太郎君-Odor-

  3. P/L:ごん太君

  4. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. P/L:壱正君

  7. NWP:大福ちゃん&けん太君

  8. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031