P/L:陽君

今朝の陽君のレッスンは、早朝のお散歩トレーニングと遊び方やコマンドの基礎トレーニングなどです。お散歩中に急に興奮状態となり、飼い主さんにジャレ噛みをしてくるという課題がありましたので、その状況を見させて頂くためのお散歩でしたが、終始落ちついていました。時々、飼い主さんの踵にアタックする場面はみられましたが、特に課題となる行動は出ませんでした。ただ、陽君が自発的に行う正しい行動を誉めるという飼い主さんの対応が出来ていませんので、今後は今まで以上に表現力を豊かにシッカリ誉めるようにして下さい。

飼い主さんを意識して歩ける事は、素晴らしい事ですので、飼い主さんの心の中だけで納得するのではなく「それが正しいんだよ。」という答えを「誉める」という表現で伝えましょう。トリーツを使う場合も、同じように誉めながら与えることがとても有効です。

エネルギーを発散させる為には、一定の自由運動が必要となりますので、現在出来ている持来行動を楽しく行う事でコミュニケーションとエネルギーの発散が同時に出来るようになります。

ボールの持来も楽しく継続させる為には、テクニックが必要となります。色々なモノに興味を示す月齢ですので、木の枝や臭いには敏感に反応しますので、この遊びの途中に違う行動に移らないように、遊ぶことも全力で行えるようにして下さい。ステップアップとして、遊びの中に現在理解しているコマンドを導入することも考えられますが、現段階ではあまり無理をしないで気を散らさないで遊びに集中させて、飼い主さんのタイミングで終わるようにして下さい。

お散歩の際の臭い嗅ぎのルールなどの教え方の際は、陽君のペースで行うではなく必ず飼い主さんがイニシアティブを握り行うようにしましょう。

全てにおいて臭い嗅ぎが禁止ではなく、臭い嗅ぎの際には、必ずコマンドに従った報酬として臭い嗅ぎの許可が出るようにすることで、今以上に飼い主さんを意識できるようになります。

基本的な「お座り」のコマンドも、コマンドの本来の意味を飼い主さんが理解しているかどうか?やコマンドの教え方と、陽君の理解の仕方により「お座り」の完成度が違いますので再確認していきましょう。

特にトリーツを使う場合に、アイコンタクトではなくトリーツを持っている飼い主さんの「手」にハンドコンタクトをするようになります。「お座り」のコマンドがでたら、どこにトリーツがあってもアイコンタクトを優先できるようにシンプルに教える事で、安定した落ち着きと集中がうまれますので、是非続けて下さい。


関連記事

  1. P/L:ウィル君。

  2. P/L:Moaちゃん

  3. P/L:プーちゃん。

  4. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  

  5. ー お知らせ ー

  6. P/L:カノアちゃん

  7. P/L:メアリーちゃん。

  8. P/L:獅子君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031