P/L:アメリちゃん。

今日のアメリちゃんのレッスンは、ランでの呼び戻しを含めたオビディエンスの基礎トレーニングや拾い食いに対しての対応の仕方とゆっくり歩くお散歩のスタイルと進め方についての実践トレーニングを行ないました。

ここ最近の課題は拾い食いの頻度が高くなっているようですが、飼い主さんとのゲームになってしまっていますので、飼い主さん側からの忠告を、弄んでいるような状況のようです。このやり取りは、とてもマンネリ化しやすく更に拾い食いを強化してしまう事にもつながります。お散歩での「ゆっくり歩く」というスタイルもコマンドが出ていても臭いを嗅いだり飼い主さんを意識できずに歩くようになると本来のコマンドの意味がなくなります。

ランの中には、魅力的な臭いが多く分布する場所があります。この場所を「ゆっくり」のコマンドで臭いを嗅がずに歩く際に、どのような反応が見られるか?またその反応に対しての飼い主さんの対応はどうあるべきか?を実践の中で確認して頂きました。

呼び戻しに対しての反応は、自主性も出てきていますが環境刺激が加わった際の実行性は、まだ不安定ですので放置せずに、すぐに対応出来るようにしていきましょう。

ヒールポジションでの脚側行進は、飼い主さんの指示の出し方を今よりも自然体に近い状態で行なえるようにして下さい。現在は誘導している段階のトレーニングを行なっていますが、ステップアップをする意味でハンドシグナルのみで行なえるようにして下さい。

ヒールポジションは、斜めで停座していた癖が真っ直ぐ脚側停座出来るようになっていますので、必ず正しい位置で終わるようにしていきましょう。この際の飼い主さんへの集中力を高めていく事も今後のステップアップです。

「伏せ」はとてもコマンドへの反応速度も速く、実行速度も速いですから、現在の反応を維持できるようにして下さい。伏せの姿勢からヒールポジションに戻す場合は、前足を元に戻すようにして下さい。

今日は新たなコマンドの「立って」のコマンドのトレーニングをしました。前足を基準にして、後ろ足を動かすように教えますが、よく理解できていましたので、すぐにコマンドのみで立てるようになっています。このコマンドは、前へ出ないように後脚を動かす事が大切ですので、必ずチェックして下さい。またコマンドはすぐに完成しませんので、立てないときは左手でサポートして立たせるようにしてあげて下さい。

レトリーブでの遊びも集中して遊べています。興奮が高くなりすぎるとリターンで飼い主さんをスルーする事はありますが再度コマンドを出すとシッカリと戻りますので状況を確認しながらコミュニケーションをとれる遊びを取り入れてください。


関連記事

  1. P/L:ブランシュちゃん。

  2. お知らせ。

  3. オビディエンスグループレッスン。

  4. P/L:トラ君。

  5. P/L:パコ君。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:ヴァイス君。

  8. P/L:しぇり君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031