P/L:ニア君

今日のニア君のレッスンは、お散歩トレーニングとスタンダードなコマンドの基礎トレーニングです。以前からお散歩での引き癖が課題でしたので、現状の動きを確認させて頂きながら改善ポイントをアドバイスさせて頂きました。

どちらかというとお散歩は、飼い主さんよりもニア君に主導権があるようです。ニア君の行きたい方向に飼い主さんが着いていき、臭い嗅ぎをした場所や電柱に自由に動けますので飼い主さんは引っ張りまわされることになります。臭いを嗅がせないということではなく、臭い嗅ぎの前にコマンドを出して従えたら報酬として臭い嗅ぎをさせるなどのルール作りで飼い主さんがリーダーシップを発揮できるお散歩にしていきましょう。

一定の自由意志の尊重は必要ですが、タイトに歩けるようにする事も都会で住むうえでは必要なコマンドです。今までに経験したことのない動きを飼い主さんもニア君も行わなければいけませんのでお散歩の実践の前に、インドアの誘惑刺激のない環境でコマンド基礎トレーニングを行いましょう。

屋外では、なかなか飼い主さんを意識できていませんでしたが、インドアではアイコンタクトも安定しています。ただ、今までの習慣となっているポジションがありますので左側での歩行は、少し違和感があるようです。無理をせずに少しずつ、習慣化していきましょう。

最初にトレーニングをしたアテンションとアイコンタクトの基礎トレーニングに関しては、とても安定していますので今後も忘れずに継続してください。特に屋外でのアイコンタクトが現在よりも頻度を向上させられるようにする事が第一目標です。

ご自宅でも「おいで」の呼びのコマンドに対して、状況判断で実行性が変化するようです。「おいで」のコマンドに対しては必ず飼い主さんの元に戻ることを理解させ、飼い主さんの直近に座れるようにトレーニングをしてください。

呼び戻しの基礎トレーニングの際には、しゃがんで呼んだ方が戻りやすいですが、トリーツを差し出して呼ぶ行為はステップアップの際に大きな弊害になりますのでトリーツでのルアーで呼びのトレーニングはしないようにして下さい。また「待て」のコマンドの後に「おいで」のコマンドで連続的にコマンドを実行させるには「待て」の強化が進み、安定してからですので「待て」でシッカリ待てるようにする事を先にトレーニングしていきましょう。

ノーズワークを経験後は、メンタル的に自信がついてきたようで初期の頃の不安感やビクビク感がなくなり落ち着いた表情になってきています。また次回もノーズワークを楽しみながら自信をつけていきましょう。


関連記事

  1. P/L:ムッシュ君。

  2. P/L:マフィン君。

  3. オビディエンスグループレッスン。

  4. P/L:花音ちゃん。

  5. P/L:ヴァイス君。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. P/L:獅子君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930