P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

今日のブルース君&リンゴスターちゃんのレッスンは、それぞれのオビディエンストレーニングにおける改善や強化ポイントに対してと指導手の理解を深める為のトレーニングです。

ブルース君の脚側停座での集中力の持続について、トレーニングの中で誉めるタイミングや報酬を与えるタイミングを再確認して頂くと、実践の中では本来のタイミングではない時に報酬を与えてしまっている為に、集中力の持続が強化されない要因になっています。今後も更に強化していく上で指導手に理解しておいて頂きたい事は「集中してアイコンタクトをしていたから」報酬を与えるのではなく「集中してアイコンタクトをしているから」報酬を与えるように考えましょう。

脚側行進も、この集中を維持した状態でスタートするからこそ、正しい脚側行進につながるようになります。周りからの環境刺激に弱いのがブルース君のウィークポイントでもありますので刺激に対して左右されないことを改善していく事も必要ですが、まずは失敗をさせずに短い時間でも集中させながらコマンドの正しい意味を正しく伝えるように考えて下さい。

リンゴスターちゃんは、一連の課目の動きが出来るようになってきましたので、改善していかなければいけないポイントを連続的にトレーニングを繰り返しました。今日は、右コーナーの曲がる際の膨らみと往路から復路へのターンの膨らみと左コーナーのショートカットをさせないようにタイトに屈折できるようにする動きと、課目終了時の脚側停座の精度の向上です。このトレーニングをする際には、指導手がトレーニングの内容や、ポイントを理解しておかないと、何度も繰り返されることでリンゴスターちゃんへの負担が大きくなります。リードの使い方やトリーツのタイミングや位置などにも注意が必要ですので、それぞれの修正トレーニングの意味を理解して進めてください。

トレーニングがマンネリ化してくるとリンゴスターちゃんの動きもバタバタになりますので緊張感のあるトレーニングで理解を深めて下さい。脚側停座のポジションは、良くなっていますので脚側行進のポジションも改善されてきています。ターンの際の膨らみは、アイコンタクトが出来ていない事も要因です。アイコンタクトが出来ているときは綺麗に動けていますので良く観察して下さい。

関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン。

  2. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  3. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  4. P/L:凛ちゃん。

  5. トレーリンググループレッスン。

  6. DRDN捜索基礎訓練会。

  7. with sarada 119th Yokohama-School

  8. P/L:ライス君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031