P/L:ウィル君。

今日のウィル君のレッスンは、前回のレッスンでの課題であった脚側行進のスタートの同調性を確認しながら正しい姿勢の維持とコーナーの動きや、ターンと課目終了時の脚側停座の精度の向上をトレーニングしました。

紐付きでの脚側行進のスタートは同調性もあり、スムーズにスタートができるようになっています。ただ、この先の集中力の維持が課題いなりますので、今後の強化トレーニングで安定させられるようにしていきましょう。ターンの際の膨らみや課目終了時の脚側停座のズレは、一旦停止のバリエーションを加えながら改善してください。コーナーも含めて指導手がどちらかに動く場合は、集中できていない限り同調して動くことはできませんので、常にウィル君の意識を確認してください。

紐付きでもウィル君に合わせて動いてしまう傾向が、まだ抜けていませんので紐無しの脚側行進になると、更に不安定になります。行進中の作業などでの先読みも、指導手の動きに集中ができていない為ですのでトレーニングの方法も良く考えながら進めてみて下さい。遠隔の課目も、課目ごとに犬が先読み行動をする傾向のある課目は、それを補うような発想でトレーニングをしてみましょう。


関連記事

  1. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  2. P/L:スフレちゃん。

  3. P/L:麦ちゃん

  4. P/L:凜ちゃん。

  5. with sarada Lodging training in MON…

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. with sarada 136th Yokohama-School

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031