P/L:ウラ君

今日のウラ君のレッスンは、コマンド基礎トレーニングを行いながら、パブリックトレーニングの中で活かされるように進めてみました。

現在もいくつかのコマンドは理解していますが、コマンドの精度を向上させたり本来のコマンドの意味として理解を深める為には、どのように取り組むべきか?を飼い主さんにもご理解頂きました。

「ついて」の脚側停座のポジションのとりかたと、脚側停座からの「伏せ」と「立って」のコマンド実行のさせ方なども、教え方により姿勢の維持を理解し、報酬を与えても動かないようになります。

現在は、報酬を得ることが解除につながっていますし、報酬を得る姿勢が常に「お座り」の姿勢ですので「伏せ続ける」や「立ち続ける」という理解になっていませんので、この点を改善していくとステップアップが進みます。

「呼び戻し」は、かなりの確率で出来ていますので、「ついて」の脚側行進も精度の高い脚側行進として実行できるようにしてみて下さい。

パブリックトレーニングの際の「アンダー」のコマンドも前回までは、報酬を得るとすぐに解除する傾向がみられましたが、コマンドの基礎トレーニングの後での「アンダー」は姿勢の維持にもつながっていました。

解除は「ヒヤー」コマンドで、指示された場所に座らせるようにして、一連の流れを教えていきましょう。反対側からの「アンダー」も出来るようにすることで様々なシチュエーションに対応できるようになります。

「犬とのすれ違い1000匹チャレンジ!」は、積極的に取り組むことで経験が増えます。ただ、すれ違いも飼い主さんの気持ちの持ち方でもレベルが違ってきますので、常に毅然とした態度でイニシアティブをとってチャレンジして下さい。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン。

  2. P/L:ウィル君

  3. C/L:うゆちゃん

  4. P/L:ハル君

  5. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  6. C/L:しろちゃん&はんちゃん

  7. C/L:まるちゃん

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031