P/L:ヴィオラちゃん

今日のヴィオラちゃんのレッスンは、前回のレッスンからのステップアップと現状のいくつかのコマンドの理解度の確認と修正トレーニングです。

前回のレッスンで行った「待て」をトレーニングベースの形式的な動きではなく、実用的な動きに近い設定でヴィオラちゃんのコマンドに対しての理解と、飼い主さんの対応の仕方を実践トレーニングしました。

いつも飼い主さんの傍に居たい欲求が強いヴィオラちゃんですので少しでも孤立感が高まると鼻鳴きをしたり「待て」のコマンドを無視して動いてしまう傾向がありますので、係留をする事で無暗な動きをさせずに動向を確認し、次のステップではオフリードの状態で飼い主さん側の明確な判断と行動でヴィオラちゃんのコマンドに対しての理解を深めます。

飼い主さん側の判断基準も明確化していかないと一貫性が無くなり、コマンドを出しているはずの飼い主さんの方が、いつしかヴィオラちゃんのペースに巻き込まれてしまいますので注意をしましょう。

トレーニングの後半には、一定の落ち着きが出ていましたし鼻鳴きもなく待つ事が出来ていましたので、トレーニングだけではなく日常の生活のなかにも少しずつで落とし込んでいきましょう。

現在理解している「来い」と「ヒール」に関して、飼い主さんの姿勢がニュートラルでコマンドを出した場合に、どの程度の理解になっているのか?を確認し、次のステップに進むためのテクニックをトレーニングしました。

「来い」の正面停座と「ヒール」の脚側停座の精度を向上させて理想的なポジションのトレーニングをしていきましょう。その為にも、不必要なモーションやコマンドを無くしながらシンプルにフィードバックする事が必要です。


関連記事

  1. P/L:ジャック君

  2. P/L:アトラ君

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. オビディエンスグループレッスン。

  5. P/L:クーちゃん

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:マー君&ゲイリー君。

  8. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930