オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、レティーちゃん・トナ君・龍君です。ペアごと課題の確認やトレーニングを進める上での改善点についてのレクチャーと実践トレーニングを行いました。

レティーちゃんは、今までのパターン化で先読みが出ていますので、屈折やターンの動きを丁寧に再確認をして、トレーニングのアプローチで大切な犬の理解度を判断する観察力を身につける必要があります。何度も同じ動きをすれば、その動きだけを理解してその先のステップには成長しませんので、今のトレーニングは何の意味があり行っているのか?を確認しながら進めてください。


トナ君は、指導手の気持ちの落ち着きが出ているのはいいのですが、誉め言葉も報酬も使える段階でのトレーニングをすると、精度がいい加減になりやすくなります。あらゆる方法を使えるのですから100%にしていく必要があるのに、指導手側の気持ちの緩みがトナ君の動きに影響を与えますので注意しましょう。


龍君もパターン化の先のステップを考えながら進めるようにしていきましょう。屈折の際の報酬を与えるポイントなどにも工夫は必要ですし、復路へのターンの動きも丁寧にステップアップをした方が龍君の良さを引き出せます。伏臥と立止のバランスは、良くなっていますので継続していきましょう。


関連記事

  1. P/L:パコ君

  2. P/L:リサちゃん

  3. P/L:ライス君。

  4. P/L:レオン君

  5. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  6. P/L:ハル君

  7. トレーリンググループレッスン。

  8. P/L:らく君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31