P/L:ミクちゃん。

今朝のミクちゃんのレッスンは、お散歩中の他の犬とのすれ違いのトレーニングと基本的なコマンドのトレーニングです。

室内でのアテンションに対しての反応ではなく屋外でのアテンションへの反応の強化をお願いしていました。今日のレッスンでは、今までは中々アイコンタクトにまでは視線が上がりませんでしたが、「ミク」のアテンションで良い反応が出来ていました。反応できるようになると、飼い主さんとしては、早くトリーツを与えたいと言う気持ちが強くなりますが、アイコンタクトの時間を延ばすためのトレーニングを考えると、すぐに手を動かすことは、アイコンタクトよりもハンドコンタクトが強くなる切っ掛けになりますので注意をして下さい。アイコンタクトが出来たら、まずは誉めることを忘れずに誉め続けながら時間を延ばせるトレーニングをしましょう。アイコンタクトは、全てのコマンドに共通しています。「待て」のトレーニングは、ご主人にリードを持ってもらいながら少しずつ距離をとり、離れていてもアイコンタクトできるようにトレーニングをしてみて下さい。

戻ってきた際にも、トリーツを与えることを優先してしまうと手が動きますので、直近まで戻りアイコンタクトをしながら誉めることが先決です。周りに人が通ったり自転車が通ったりする刺激の中でもできていますので、距離は一定にして時間を延ばせるようにしてみてください。

他の犬とのすれ違いに関しては、先日、動物病院の待合室でも他の犬を目の前にして待機していることができていたようですので、1つ1つの変化や成長を確認しながら評価して下さい。

少し距離があるパターンと、目の前を通過するパターンの2つのパターンを経験できましたが、以前のように興奮することなく、飼い主さんからの指示に対して動きを止めることができています。まだ意識は犬に向いていますので、今後のステップアップやミクちゃんの心の成長は、ミクちゃんの視線がどちらに向くかによりますので、良く観察して下さい。トイレのワンツーコマンドも少しずつ理解できていますし、飼い主さんのミクちゃんへの観察力も向上していますので今後も根気強く進めていきましょう。


関連記事

  1. JKC神奈川北スーパードックトレーナーズクラブ クラブ訓練競技会。

  2. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  3. with sarada 124th Yokohama-School

  4. P/L:オペラちゃん。

  5. P/L:ルカ君&ピュレちゃん&ハナちゃん。

  6. P/L:たんぽぽちゃん。

  7. P/L:高峰君。

  8. P/L:ブーヤ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31