P/L:ルルゥちゃん

今日のルルゥちゃんのレッスンは、お散歩トレーニングと「待て」のコマンドの導入トレーニングです。

お散歩に関しては、今まではルルゥちゃん主体のお散歩でしたので、ルルゥちゃんが進みたい方向に飼い主さんが着いて行って行くお散歩でした。その為に、他の犬を発見したり時には第三者に対して吠えてしまうという課題に発展していたようです。

今日のレッスンでも、ルルゥちゃんのポジションは自分の好きな位置ですので、右でも左でも前でも後ろで自由なポジションで歩こうとします。飼い主さんが左側のみで歩かせようとするとストライキを起こし1㎜も動くまい!と強い抵抗を続けます。

今までは、この抵抗に対してトリーツを出して動かしていた為に、ルルゥちゃんにしてみると自分の行きたくない方向に進んだ場合は抵抗すると報酬が貰えるようにインプットされていますので、ストライキも強烈です。視線を背け絶対に動かない意思表示が強く、思わず笑えてしまいますが、これも今までの飼い主さんの対応が結果として表れているだけですので、視線を合わせずに抵抗に負けない飼い主さんの一貫した意思がフィードバックできるようになるだけでルルゥちゃんの気持ちにも変化が現れます。

まるで違う犬のように飼い主さんの左横をリードが緩んだ状態で歩けるようになっていましたので、今後も飼い主さんとしてのリーダーシップを持ち楽しいお散歩ができるようにしていきましょう。

依存心が強く、飼い主さんから離れる事が苦手なタイプですので「待て」で飼い主さんが離れる事に対しても不安感が強く、すぐに動いてしまいます。

しかし、飼い主さんが正しく動きタイミングの良い誉めや報酬の与え方をする事で「待て」がシッカリとできるようになっていました。今後は、時間を延ばしながら集中力を維持させられるようにしていきましょう。

またコマンドを出している人は一人であることがセオリーです。一人のコマンドに対して反応しないからと言って、もう一人がコマンドを出すと、誰のコマンドに従っているのか?または従うべきなのか?が不明瞭になります。

アテンションとアイコンタクトの反応も安定してきていますので基礎を大切にしながら丁寧にステップアップしていきましょう。無駄吠えに関しては、今日のレッスンでも対応の仕方を実践しましたが、正し行動と正しくない行動への明確な評価ができる飼い主さんになっていきましょう。


関連記事

  1. with sarada 109th Yokohama-School。

  2. P/L:レティちゃん&アーシャちゃん

  3. P/L:権三君&一二三ちゃん&零ちゃん。

  4. P/L:凜ちゃん。

  5. C/L:こじろうちゃん

  6. G/L:アメリちゃん&マノンちゃん

  7. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031