ノーズワークグループレッスン

今日のノーズワークグループレッスンに参加されたのは、Mike君・モモちゃん・たんぽぽちゃん・トナ君・レティーちゃん・クララちゃんです。

初めての環境下でしたが最初のセッションでの環境への馴致速度が、全てのペアで非常に早く進んでいることが見られましたし今までと変わらないサーチ能力を発揮してくれていました。

Mike君は、BOXサーチからオブジェクトサーチへ安定したステップアップができました。特にオブジェクトサーチでは、今までのように自らオブジェクトに触れて動いてしまうと、視覚からの刺激に対しての方が強い状態であるために、嗅覚作業よりも視覚を優先していましたが、今日のサーチは、とても集中できており、インテリアサーチまでステップアップができました。ハイドの量も少ない設定でのセッションもクリアできていましたので、今後の成長を期待しています。


モモちゃんは、オビディエンス同様にノーズワークも非常に意欲的でスピード感が溢れています。焦りすぎてセントコーンを正確に捕れない場面もありセッションのサーチ時間が長くなることもありましたが終始、集中力を切らさずにクリアできていました。このサーチ速度にハンドラーがついていけていない点に関しては、更にハンドラースキルを向上させましょう。


体高の一番低いたんぽぽちゃんにとっては、初めての環境の対流の違いなどは、サーチに与える影響も大きかったようです。普段であれば簡単に到達できるような設定も少し時間がかかるセッションもありましたが、集中力は高く維持できていました。ハンドラーの告知能力は安定しています。


トナ君は、最初のセッションでの環境確認のための行動は、以前よりも早くなっていますが、BOXサーチ・オブジェクトサーチの2つのステージごとに同じような動きが見られました。鼻の位置が、水平方向の高さから下に下がらずに環境への馴致を進めている行動とノーズワークにスイッチが切り替わる行動は明確でした。後半に、まだフィールドが工事中の為に、トナ君の苦手な音で躊躇が出ていましたが、以前のように全てを拒否するのではなく克服する能力も備わってきたことは、メンタルの大きな成長です。


レティーちゃんは、今までの環境との対流の違いなどから動きに少し変化が出ていました。また環境馴致に対しての臭い嗅ぎの動きとハイドのサーチの動きの違いがハンドラーには中々見極め切れていないようです。告知に関しても分かり易い動きもあれば、サーチ速度が速すぎてハンドラーが見落としてしまう場面もありましたので観察力とルーティーンを再確認していきましょう。


クララちゃんは環境が変わっても、ノーズワークの動きに差はなく意欲的で集中力の高いサーチができていました。ハンドラーの告知能力も安定しておりご告知がありませでした。設定の場所によっては、難易度が上がりますのでそれなりの時間を要していましたが全体のサーチ速度も速くとても良いノーズワークでした。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. P/L:ウィル君。

  3. P/L:モモちゃん&レティーちゃん。

  4. P/L:ウィル君。

  5. with sarada Lodging training in MON…

  6. P/L:獅子君。

  7. P/L:ラルフ君。

  8. P/L:凜ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31