オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、ハル君・トナ君・レティーちゃん・たんぽぽちゃん・ローキーちゃん・リサちゃん・龍君・大和君・クララちゃんです。ペアごとに改善ポイントや強化できている動きの再確認などを行いました。

ハル君は、環境にもなれトレーニングに集中できる時間が延びてきました。脚側行進の集中は、これからも強化が必要ですが周りからの誘惑刺激に対しても反応せずに指導手への意識のバランスが大きくなっています。招呼への実行性も出てきていますし脚側停座のポジションが理解できてきていますので確実にステップアップしていきましょう。


トナ君は、課目終了時の脚側停座の改善が思うように進んでいませんので例外なく同じような対応を繰り返しながら正しいポジションを理解させてください。行進中の作業も、その時々で不安定ですので確実にできる視符でミスをさせないようにしていきましょう。


レティーちゃんは、常歩から速歩へのターンの膨らみに関しては、指導手の視線を改善していきましょう。またクランクの屈折の際の指導手との同調性に関しては指導手の動き方を改善する事で同調性が高まります。行進中に作業のコマンドへの実行速度は前回よりも改善されていますので指定位置で実行できるようにしていきましょう。自由選択課目のお回りの最後の「待て」はシッカリ静止している事を強化してください。


たんぽぽちゃんの今日の脚側行進は、とても集中できていましたので紐付きだけではなく紐なしでも指導手との同調性が乱れずに継続できていました。招呼に対しての反応も以前より安定していますので1度の声符のみで実行できています。立止の姿勢の維持を今後も強化していきましょう。


ローキーちゃんは脚側行進のスタートの際の指導手との同調性に関しては、前回よりもローキーちゃんの動きに変化が見られますので更に精度を向上させてください。行進中の作業に関しては、伏臥・停座・立止の姿勢のバランスが崩れているようですので、失敗をしてやり直しをするトレーニングを繰り返すのではなく最初から成功のみのトレーニングで理解を深めて下さい。


リサちゃんは、脚側行進の集中が以前よりも安定してきていますが、ハトなどの誘惑刺激には弱さが目立ちます。トレーニングの際にも、誘惑刺激を避けるようなトレーニングの組み立てをせずに誘惑刺激を利用して刺激を「無視」出来たことを誉めることができるようなトレーニングを進められるように指導手の考え方の切り換えをしてください。脚側停座が、後方に下がり気味ですので伏臥や立止の際のポジションが全体的に後ろ気味になります。


龍君は、指導手の脚側行進の動き方が同調性を高められていますので、今日の動きを更に強化していきましょう。紐付きと紐なしの差が無くなっていますので最後の脚側停座の動きがスムーズになるとより良くなります。立止の実行性が安定しませんので強化をしてください。以前は脚側停座での姿勢の維持が少し不安定でしたが、今日は安定して脚側停座ができていました。


大和君は、指導手に対しての集中や期待感が非常に低下しているようです。課目自体の動きは理解していますが、実行性が伴っていませんので課目トレーニングの問題よりも日頃からの対応や関係性の見直しを行わないと、本来の持っている能力を引き出すことが出来なくなりますので注意してくだい。


クララちゃんは、脚側行進のポジションや集中力の見直しが必要ですし1つ1つのコマンド実行性と姿勢が不安定になっています。特に臭い嗅ぎの意識は、どの段階でも出てきますので集中力を高めて出されたコマンドの姿勢を維持できるようにしていきましょう。


関連記事

  1. P/L:ハル君

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. P/L:ブルース君。

  4. P/L:アメリちゃん。

  5. オビディエンスグループレッスン。

  6. 広島県消防学校救助科特別授業

  7. P/L:モロ君

  8. C/L:チャロ君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728