オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、たんぽぽちゃん・レティーちゃん・大和君・モモちゃんです。それぞれの現状の確認と課題修正トレーニングに取り組んで頂きました。

たんぽぽちゃんは、指導手の取り組み方ひとつでもう少しレベルアップできるはずです。その時々での波はあるにしても、たんぽぽちゃんのご機嫌伺いの状況は続いていますので、報酬を与えるタイミングをステップアップしていかないと、いつまでもこの関係は続きます。無理のないように改善していきましょう。


レティーちゃんの脚側行進の強化に関しては、目標とする基準をどこに定めるのか?によりトレーニングの方法には幅も出てきます。現状が最悪ではありませんし、安定期に入りつつありますので、ここからの精度は指導手側の計算された取り組み方が必要になります。無理をすると不安定要素が出てきますので注意をしながら進めましょう。


大和君は、急に抵抗感が出てきています。指導手には心当たりがないようですが、無意識に色々な一貫性のない対応が引き金になります。特に我が強くなり無条件で要求が叶う事を理解し始めると従う気持ちは薄れてきます。このようなニンゲン側からの無意識な対応で犬の気持ちに変化をもたらしている事に気づかずに「この子は頑固だ」と犬のせいにする飼い主さんは多いようです。


モモちゃんは、全体的な意欲は高いのですが必ず集中が切れてしまうポイントがありますので集中を引き出せるように距離を短くしながら脚側行進の強化をしていきましょう。紐付き立止の際の指導手の視線は、少し注意をしてモモちゃんの動きを見る程度の余裕を持ってください。伏臥は、シッカリと姿勢を維持できるように丁寧に報酬をポイントを考えて下さい。


関連記事

  1. 甲斐犬JP広め隊 1st Tokyo-School

  2. FIELD Group lesson

  3. P/L:ムッシュ君。

  4. C/L:コットンちゃん。

  5. with sarada 116th Yokohama-School

  6. P/L:アルウェンちゃん

  7. P/L:アメリちゃん

  8. C/L:小太郎君&蘭丸君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930