P/L:レオン君。

レオン君の今日のレッスンは、CDⅡの試験に向けての課目の基礎トレーニングを中心に行いました。

まずは脚側停座の精度を向上させる為に、脚側停座のポジションやレオン君の姿勢と指導手の視線や肩の位置などに注意を払いながら、集中した時間を延ばすことを目標に進めて頂きました。現状は、誉めて報酬を与えると報酬が解除のスイッチになっていますので集中力を持続させる為のトレーニングになりませんので「座れ」や「伏せ」の基本的なコマンドの理解(レオン君の理解)とその理解を更に深める為の指導手側の理解を再確認して進めていきましょう。

また脚側停座から脚側行進に移行する際に、すぐにアイコンタクトの姿勢が崩れて下を向いてしまいますので、脚側停座の集中したアイコンタクトを維持したまま脚側行進の1歩目へ移行できるように繰り返しトレーニングを行いました。今までのトレーニングは、どちらかと言うとやらされている感が強い為に、意欲的な表現力のある動きにはなっていませんので脚側停座のポジションと意欲的な脚側行進を目指していきましょう。この際にトレーニングで重要なのは、指導手のトレーニングにおける基準を一定に考えることです。犬の集中力の持続時間は非常に短いですから、分りやすく丁寧に短い時間のセッションを繰り返して行なうようにして下さい。あまり圧力の強すぎる長い時間のトレーニングはレオン君の意欲の低下を招きます。また指導手の誉め言葉が上手に伝わっていないことや、アテンションへの反応が弱いこと、他の犬などの刺激に左右されやすく、臭い嗅ぎのコントロールが不安定であることなど・・・、課目トレーニング以外で改善をしていく必要がる項目が多くありますので、日常生活の中でのレオン君との関係作りに関しても再度見直しながら課目トレーニングに活かせるようにしていきましょう。

クリックをすると大きな画像でご覧になれます。

関連記事

  1. P/L:ウィル君。

  2. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  3. 第7回 清水ヶ丘公園マナーアップスクール

  4. P/L:凛ちゃん。

  5. P/L:大豆君。

  6. P/L:たんぽぽちゃん。

  7. P/L:たんぽぽちゃん。

  8. P/L:ローキーちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031