P/L:マノンちゃん

今日は、ノーズワークで頑張っているマノンちゃんのオビディエンストレーニングです。現在理解しているコマンドの実行性や精度を向上させる意味でのリトレーニングが中心ですが、改善の為の要因は、飼い主さんのハンドラースキルの向上にあるようです。

目標は、喜求的で期待感のあるコマンドの実行と精度ですが、現在の飼い主さんからのコマンドや、それに伴う習慣化された指示は、マノンちゃんにとっては、あまり嬉しい対応ではないようです。しかし、月齢も2歳10カ月と色々な経験値の上に現在の理解がありますので、飼い主さんのマノンちゃんに対しての接し方や日常のルール作りの改善は目標達成の大きなカギとなります。

レッスンで得る事ができた知識や技術を、日常生活の中にどの程度、浸透させ習慣化させられるか?により環境刺激にも左右されずらいブレないコマンドの実行性が実現します。

オフリードでのコントロールを基本とし、マノンちゃんが自発的に飼い主さんの傍でコマンドを待つ姿勢を維持できるようにしていきましょう。

基本的なアイコンタクトとコマンドの姿勢維持は言うまでもありませんが、解除のコマンドの理解を今まで以上に高めて集中させることを考えて下さい。また今まで無意識に与えていたトリーツが飼い主さんへのハンドコンタクトとなっています。手の動きを追う傾向が強くなっていますので、シッカリとアイコンタクトをする事を大前提にし、ニンゲン側が冷静に対応してみて下さい。

ヒールポジションの歩行も、オフリードで充分に実行し維持できます。ただ現段階では、マノンちゃんの動きにニンゲン側が合わせてしまう無意識の行動が頻繁に出ますので注意しましょう。

トリーツを使う意味や使い方、与える場所やタイミングで犬の理解は大きく変わります。安易に与えていた無条件の「オヤツ」という感覚は排除し、コマンドの実行に対しての「報酬」として活用できるようにして下さい。


関連記事

  1. P/L:ルカ君。

  2. P/L:モモちゃん&レティーちゃん。

  3. with sarada 123th Yokohama-School

  4. P/L:ブランシュちゃん。

  5. オビディエンスグループレッスン。

  6. P/L:リンゴスターちゃん。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. ノーズワークSummer Class in Ven!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930