オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、レティーちゃん・トナ君・ローキーちゃん・たんぽぽちゃん・モモちゃん・大和君・ウィル君です。それぞれの現状の確認と課題修正トレーニングに取り組んで頂きました。

レティーちゃんは気温の低い朝でしたが、今までの積み重ねが活きてきています。指導手側からのプレッシャーが強くなり過ぎないように現在の集中力と意欲を維持させていきましょう。


トナ君は、現在の取り組みが少し動き方に表れるようになり、指導手への意識が向き始めています。課目の動きの改善以前の課題ですが、この課題をクリアする事が一番の近道です。


ローキーちゃんは、指導手のメンタルとの同調性が高い為に指導手のメンタルがネガティブになると意欲の低下が見られます。特に紐付き脚側行進の集中力の維持は基礎に戻して丁寧に進めてみて下さい。行進中の伏臥や停座のバランスもトレーニングの内容というよりも指導手のメンタルを安定させる事を優先してください。


たんぽぽちゃんは、前回よりもFIELDで出来ていたことを屋外で実践できていました。脚側行進も指導手に同調する意識もでていましたし、伏臥のズレも改善されています。立止の実行性と姿勢の維持は、改善が必要ですので引き続き取り組んでください。


モモちゃんは、前回のレッスンではいつものような意欲を感じられませんでしたので、モチベーターの使い方を変更した結果、必要以上の興奮が出ていました。このバランスを整えながら、今後の調整に活かせるようにしていきましょう。興奮が高くなりすぎると、招呼のフライングや伏臥の肘浮き・立止のバタつきに影響を与えます。


大和君は、屋外での動きに少し躊躇や不安がある為に、FIELDで行っているような集中力を引き出すことができていません。あまり高いレベルを求めずに、基礎に戻し環境への馴致を並行して進めながら動きの確認をしていきましょう。


ウィル君は、モチベーターの内容を変更したことで意欲と集中力が以前よりも高くなりつつあります。ただ、このモチベーターの使い方は指導手のテクニックに直結しますし、ワンパターンにしてしまうと脚側行進のポジションのズレや先読み行動にもつながりますので注意をしながら活用してみて下さい。


関連記事

  1. P/L:Mike君。

  2. P/L:リサちゃん

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. P/L:モロ君

  5. P/L:マー君&ゲイリー君。

  6. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  7. P/L:つぶらちゃん

  8. P/L:カノアちゃん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31