P/L:クー君。

今朝のクー君のレッスンは公園での基本的なコマンドのトレーニングと現在の課題に対しての改善について実践トレーニングを行いました。
「お座り」のコマンドもトリーツが先行してしまう為に報酬としての価値観が無くなっている事や必ず1回しか貰えない事をクー君は理解していますので、「お座り」のコマンドを出しても座り続けることが出来ない状態です。トリーツを手に持ったり上着のポケットに手を入れた状態でのコマンドの指示をしないようにして、確実にコマンドに従った時点で誉めてから報酬を与えましょう。また報酬は1回だけではなく、変動強化で座り続けている状態で何度かランダムに与え最後は、報酬で終わらせずに「解除のコマンド」で「お座り」のコマンドを終了させるように一連のコマンドの意味を飼い主さんが理解して「伏せ」も同じようにトレーニングを進めて下さい。このコマンドの姿勢の維持が出来るようになると「待て」は、それ程難しくはありませんが、「待て」のトレーニング方法を確認しながら距離よりも時間から伸ばせるようにしてみて下さい。
ヒールポジションは、いつものお散歩のコースのようにアスファルトではなく土や芝生で、他の犬の臭いなどの誘惑臭が多い環境では、普段のように出来なくて当たり前ですので、初めての環境でのトレーニングを行う場合は、必ず環境馴致の時間を設定して、環境に馴らしてからコマンドのトレーニングなどを行いましょう。この段階的な進め方をすると、とても意欲的で正しいポジションでのヒールでの歩行ができます。
また室内での飼い主さんとの関係性の中では、不服従の傾向が強く出ますが、屋外では少し依存心が強い為に室内よりも実行性は高くなります。このようにクー君自身が置かれている環境下で実行性が平均化していませんので、特に強気になる室内での飼い主さんとの関係性を主体に考えていきましょう。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. P/L:マー君&ゲイリー君。

  2. P/L:凛ちゃん。

  3. オビディエンスグループレッスン。

  4. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  5. P/L:ゲイリー君&マー君。

  6. P/L:いちごちゃん。

  7. オビディエンスグループレッスン。

  8. ノーズワークグループレッスン ーOpen Classー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930