ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

本日のトレーナークラスに参加されたのは、トレーナー4名と晴れちゃん・あんなんちゃん・ぶんた君・テン君・グート君の5頭です。 今回は、ハイドの難易度を前回よりもレベルアップさせた設定での捜索と告知姿勢の静止時間を延ばすための強化セッションを行いました。

晴れちゃんは、前回までのスタートからの捜索拒否の反応が一切見られず、本来の晴れちゃんの捜索能力を充分に発揮し、嗅覚能力の高さを改めて実感させてもらいました。ハイドからの臭いが小さくなっている事で告知の際のピンポイントが少しズレる事や報酬のタイミングがパターン化され告知姿勢の維持が延びていませんでしたので次回は、姿勢維持のステップアップをしていきましょう。


あんなんちゃんは、前半の捜索では誤告知が目立ったり、難易度が高いハイドに対しての反応が充分に見られないセッションがありましたが、後半は非常に集中できており、捜索時間が延びても最後まで到達できていましたしハンドラーの告知精度も高くなっていました。告知姿勢に関しては、ハンドラーからアプローチの方法だけですので丁寧に進めてみて下さい。


ぶんた君は、最初のセッションで屋外を気にする時間が長く捜索に集中しきれない事で捜索時間が延びてしまう傾向が見られましたが、午後からのセッションは屋外を気にしながらも捜索への集中のバランスが高くなり捜索速度も速くなっていましたし、セントコーンへの反応も分かり易くなっていました。告知姿勢に関しては、もともと非常に長い静止姿勢が維持できるタイプでしたので報酬のタイミングなどを考えながらステップアップしていきましょう。


テン君は、最初のセッションでは興奮の方が強くなり、捜索のスイッチが入りまでに少し時間がかかりましたが、後半はいつもの安定感のある捜索ができていました。ハイドの難易度が上がっていますが、シッカリとセントコーンに対しての反応が見られ、静止姿勢も安定しています。ただ、ハイドとの距離間が少し出てしまうセッションもありましたので告知姿勢の維持の修正と同じような方法での報酬の与え方で距離を縮めていきましょう。


グート君は、最初のセッションでは日常の生活に役立つノーズワークとして、飼い主さんがいつも忘れがちな「車のカギ」を探させることをノーズワークのセッションで行いながら、トレーナーとしてクライアントの要望に応える為のステップアップの方法なども学んで頂きました。通常のセッションに関しても最高難易度のハイドに対しても正確にアラートができていましたし集中力のあるセッションでしたので、設定の難易度を上げながら次のステップへチャンレンジしてみて下さい。


関連記事

  1. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  2. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  3. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  4. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  5. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  6. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031