P/L:クゥ君

今日のクゥ君のレッスンは、室内での課題への取り組みや新しいコマンドの導入などを行いました。現在クゥ君が理解しているコマンドを飼い主さんがどの程度活用できるか?がポイントになりますが、思ったほど多くのコマンドは活用できておらず、どちらかというと「NO!」が多すぎる傾向があります。

コマンドを出す際の飼い主さんの姿勢も、無意識にしゃがんでしまいますので、立った状態を維持してハンドシグナルでコントロールしていきましょう。レッスン当初は、「Down」がトリーツの誘導でしかできませんでしたが、飼い主さんの自主トレーニングの成果が出始め、ハンドシグナルでコマンドを実行できるようになってきたようです。反対に、「Sit 」のコマンドを出した後は、先読みでコマンドが出る前に「Down」の姿勢になる傾向が出ているようですので、今度は「Sit」のコマンドに対してのバランスを傾けながら、あまり連続コマンドだけを繰り返さずに本来の1つ1つのコマンドの意味を丁寧に教えていくようにしましょう。

前回のレッスンで行ったボールのレトリーブについてに基礎トレーニングと「Off」のコマンドの理解の進め方についても実践トレーニングを行いました。

以前から、クゥ君とのコミュニケーションの為に「遊ぶ」という事を積極的に行っていませんでしたので、オモチャを咥えると自分のベッドでガジガジすることが当たり前になっています。この習慣をレトリーブに改善するために、飼い主さんと遊ぶ事の楽しさと、レトリーブの一連の動きをリードを活用して教えていきます。コマンドを出すタイミングや誉めるタイミングなどが適切に出来るようになるとクゥ君の動きが変わってきますので是非、進めてみて下さい。

新しいコマンドの導入は「Heel」のコマンドで飼い主さんの左の横に座る意味を教えます。最初はトリーツの誘導で教えますが、この誘導の方法も飼い主さんが正しい誘導方法を理解して行わないと正しいポジションに座ることができなくなります。

今日のレッスンでは、まだ少し後方に座るような誘導になっていますので飼い主さんの左足にピッタリ寄り添う程度の距離間で座れるようにトレーニングをしてみて下さい。

またリビングにある「ベッド」を活用するために「ベッド」のコマンドと、その際の姿勢として「Down」ではなく「Relax」で後ろ脚を崩した姿勢で一定の時間の待機ができるようにする為に、姿勢の区別を認識させる為のトレーニングを行いました。

これも、「Down」が正しく認識できていればこその「Relax」の姿勢ですので、教えてみて下さい。


関連記事

  1. P/L:凜ちゃん。

  2. P/L:かん太郎君

  3. C/L:きなこちゃん。

  4. with sarada 136th Yokohama-School

  5. P/L:パコ君。

  6. P/L:バロン君

  7. P/L:ウィル君。

  8. P/L:アメリちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930