P/L:パコ君

今朝のパコ君のレッスンは、競技会での反省点を踏まえての課目ごとの改善や強化ポイントについの確認や実践トレーニングです。課目の動きの基本となる脚側停座の精度や指導手からのコマンドへの俊敏な反応について改善の余地があります。ただ、このトレーニングをしたからと言っても「ヒール」という脚側停座のコマンドが魔法のように犬を動かすわけではありませんので、日頃の生活の中からの見直しを考えていきましょう。

とても表現力豊かな脚側行進ができる潜在能力を持っていますが、その能力を中々上手に引き出せていません。日常生活を豊かにしつつも、決めたルールを守るのはニンゲン側であり、ニンゲン側が守らない限り、犬はルールを理解し守るようにはなりません。自らに課したルールを再確認して、そのルールをパコ君に理解しやすく伝わっているのか?を確認しながらトレーニングに活かしていくようにしましょう。

脚側停座の精度の向上や伏臥の反応速度の向上、立止の実行性など課目の動きの中でも、まだまだ改善の余地があります。この改善点をクリアすれば、競技会では上位の成績を獲得することは間違いありません。ただ競技会だけが全てではありませんし、本来求めるべきことは今の課題や強化ポイントをパコ君と試行錯誤しながら取り組む時間の中に深い関係性が生まれ構築されてきます。一口に「関係性」と指摘される方も多くいらっしゃいますが、何をもって関係性というのか?または、どうしたら関係性が深まり構築されるのか?を組み立てる事が何よりも必要な事だと考えます。


関連記事

  1. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  2. P/L:ポーちゃん。

  3. グループレッスン。

  4. P/L:オビディエンスグループレッスン。

  5. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  6. P/L:ハル君

  7. C/L:ここあちゃん

  8. C/L:アントン君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930