ノーズワークトレーナークラス

本日のトレーナークラスはインドアでのアロマステージのセッションを開催しました。参加されたのは、トレーナー4名とあんなんちゃん&テン君・グート君・ぶん太君・晴れちゃんの5頭です。

前回のレッスンの最終セッションで行ったフリーでのサーチを今回は設定の難易度を変えながら進めました。また、前回まではハイドが1か所の設定でしたが、今回は2か所のハイドの設定にチャレンジし、現状の犬の認識と今後のステップアップに向けてトレーニングの方法やハンドラーのハンドリング技術についても学んで頂きました。

晴れちゃんは、スタートの集中が今までよりも安定していませんでしたがサーチモードに入ると相変わらず安定したサーチ能力を発揮してくれます。アラートの静止姿勢も長く安定してきていますので今日のセッションのようなアラートの姿勢を誉めながら伸ばしていきましょう。2か所のハイドの設定に関しては、まだ切り替えが上手くいきませんが今後のステップアップを楽しみにしています。


テン君は、ハンドラーとの距離間についての対応を考える必要があります。特に後半になるとスタート時の集中がなくハンドラーから離れられなくなる場合がありますが、その際の対応時に声掛けをせずに自発性を引き出せる状況を作るようにしてみてください。サーチそのものは、ハイドへの認識とセントコーンへの反応も非常に分かり易く表現されています。アラートの姿勢も安定してきていますし、アラート時のトリーツの選択も合っているようです。


グート君は、スタート時から集中力が高く意欲的なサーチができています。ハイドへの到達とアラートまでの所要時間も非常に短くアラートの姿勢も安定してきました。ただ、まだアラート姿勢を誉めるとアイコンタクトが優先されますので現段階では、今までと同じ対応で静止姿勢を伸ばすようにしていきましょう。後半に壁際のコンセント付近のハイドには苦労していましたが諦めずに最後まで探せたのは次につながります。


あんなんちゃんは、ハンドラーが余裕を持って信頼して観察できることからサーチ自体も非常に安定してます。アラートの静止姿勢も伸びていますのでハンドラーのトリーツの与え方に問題がある場面が多く見られますので注意してください。2か所のハイド設定でも、1か所目から2か所目へのサーチの切り換えもできていますし、今後はハイドの設定レベルを上げてステップアップも考えていきましょう。


ぶんた君は、以前と比較すると後半のセッションでもクレートから出てきて、サーチモードへのスイッチが、切り替わるようになっています。それだけノーズワークへの意欲や達成感を実感できるようになってきた証でもあります。インドアで必要以上の刺激に影響を受けない環境下でサーチへの集中と意欲を強化していきましょう。アラートの静止姿勢も安定してきていますが、まだハイドへの距離間がありますので、もう少しピンポイントでのアラートを期待したいところです。


関連記事

  1. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  2. ノーズワークグループレッスン

  3. ノーズワークグループレッスン

  4. ノーズワークパーソナルレッスン

  5. ノーズワークグループレッスン

  6. ノーズワークグループレッスン

  7. ノーズワークグループレッスン

  8. ノーズワークグループレッスンー Trainer Class ー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031