P/L:Beeちゃん

今日のBeeちゃんのレッスンは、お散歩トレーニングでのコマンドの実行性の強化と他の犬への反応の抑制についてのトレーニングです。

お散歩前の興奮を落ち着かせる意味でも、様々な要求行動をするBeeちゃんに対して「ハウス」のコマンドで首輪をして一旦「Stay」をさせますが、飼い主さんが動くと先読みをして自主解除でハウスから出てしまいます。細かな事ですが「ハウス」と「Stay」のコマンドが出ている以上は、「OK」の解除のコマンドが出るまでは「Stay」をハウス内で維持している必要があります。Beeちゃんにコマンドを実行する意識がどれだけ強いか?をチェックする方法として、「Stay」の指示に対して逆の力となる動くことを誘発する意味でのリードでの引きに対してBeeちゃんが「Stay」の姿勢を維持してリードの引きに抵抗する反応を確認して誉めてあげる事を時々確認してください。

「ヒール」のコマンドも安定して維持できている時と興奮が高い時との差が大きく、飼い主さんのコマンドの出し方も一本調子になり易いですから、Beeちゃんに伝わりやすいコマンドの出し方を選択してください。またシッカリとヒールポジションで歩けていることは誉めて強化する必要があります。現在は、ヒールポジションを維持できていない時にだけ様々な指示が出ており、正しい行動を維持している際の誉めが少ないバランスです。

他の犬に対しての反応に関しては、「Stay」のコマンドで行動を止めておきますが、Beeちゃんが他の犬に意識が向いても飼い主さんにアイコンタクトが戻ることがとても大切です。

自分の後方に犬の群れがいても飼い主さんにアイコンタクトができている事を評価できる飼い主さんの観察力と誉めるタイミングを理解して実践してみて下さい。

同じ場所で他の犬が居る時間を過ごしていることで抵抗感も少なくなり落ち着いて飼い主さんからの指示を聞けるようになります。

このアイコンタクトが出来ている限り他の犬に吠えたり興奮したりすることはありませんので、このスタイルと目標にして日々のお散歩を確認していきましょう。また距離間を少しずつ縮められるようにすることも今後のステップアップですが無理をしないで、Beeちゃんの反応を良く観察してください。


関連記事

  1. P/L:ローキーちゃん。

  2. P/L:ローキーちゃん。

  3. P/L:ウィル君

  4. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  5. P/L:マー君&ゲイリー君。

  6. P/L:ミクちゃん。

  7. P/L:たんぽぽちゃん。

  8. P/L:ハル君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930