P/L:ルイジ君

今日のルイジ君のレッスンは、お散歩トレーニングとお散歩に必要なコマンドの基礎トレーニングです。他の犬への吠えに関しての取り組みは引き続き行っていますが、お散歩自体の流れの中にいくつかのコマンドが存在しますが、このコマンドを無視されたり、他の犬への興奮度から全くコマンドの意味を持たなかったりしていますので、現状の活用しているコマンドの理解を深める為には、どのように対応すべきか?の実践トレーニングと現状のルイジ君の心のへ変化を確認しながら飼い主さんがやるべき事を再確認して頂きました。

以前は、1歩外に出ると飼い主さんへの意識は無くなり、アイコンタクトさえとれる状態ではありませんでしたが、現在はアテンションへの反応や飼い主さんへの自発的なアイコンタクトの時間が多くなってきました。これは、心の成長と変化ですので、飼い主さんへのコミュニケーションをとろうとする動きには適切に応えてあげることも必要です。

特に今日のレッスンでは「スロー」のコマンドで飼い主さんと歩調を合わせて歩くためのコマンドについて考えてみましたが、ルイジ君の現在の課題を考えると屋外の強い刺激の中では実践できる確率は非常に低くなります。

その中で「スロー」のコマンドや従わない事に対しての「ノー」など必要以上に多くのコマンドを出すことは、ルイジ君にはBGMの状態ですので対応を改める必要があります。あくまでもシンプルで分かり易いコマンドの活用と正しい行動への評価ができるようにしていきましょう。

その他のにも今までは屋外ではできなかった「Down」のコマンドや「Sit」の本来の意味、「Stay」のトレーニングの順番、コマンドの解除など以前は出来なかった基礎トレーニングが飼い主さんへのアイコンタクトや意識の変化で可能になってきましたのでトレーニング方法を理解して取り組み、今以上にコミュニケーションの時間を増やしましょう。

前方に見える犬、遠くから聞こえてくる犬の吠え声に対して、距離や音へのルイジ君の反応が、どの程度我慢ができるようになっているか?は、ルイジ君の体全体から発せられるシグナルを見とさずに評価できる観察力を、これからも益々身につけていかなければいけない事が飼い主さんは求められます。


関連記事

  1. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  2. 第3回 清水ヶ丘公園マナーアップスクール

  3. P/L:ウィル君。

  4. P/L:権三君&一二三ちゃん&零ちゃん。

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. P/L:レオ君。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. C/L:カカオ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930