P/L:Beeちゃん

今日のBeeちゃんのレッスンは、夕方からのパブリックコースのお散歩トレーニングです。前回のレッスンの際には時折、興奮度が高くなる傾向が見られましたので対応を少し変更してBeeちゃんにも飼い主さんにもストレスの少ない方法で臨んでいただきました。

左側の画像のスタートの段階でも前回よりも余裕が出てきていて、飼い主さんを意識して歩けるようになっていますが、右側の画像の後半の方がリードにも余裕が見られますし理想的なスタイルになってきています。

但し、他の犬や興味を示す人などに対しての反応は出ていますので周りをよく観察しつつもBeeちゃんの視線がどちらを向いているのか?を確認し、適切な躊躇のない対応を心がけていきましょう。

必要以上の興奮がなければ、コマンドの理解や実行性は安定していますので、リードでの指示を先行しないでコマンドでコントロールすることを先行していきましょう。飼い主さんの体の動きを利用する方法もありますし、Beeちゃん自身も前回よりも飼い主さんを強く意識して歩けています。

コマンドを出す場合は、通常の会話よりも高く少し強めにハッキリと出すようにして下さい。周りから受ける刺激の強さに対して対抗できる明確な意思表示を心がけ、できている時には表現力豊かに誉めて評価してあげてください。室内での吠えに関しても、コントロールを忘れずに、吠えずに冷静に振舞えたら誉めてあげるようにしましょう。


関連記事

  1. トレーリンググループレッスン

  2. P/L:スフレちゃん。

  3. P/L:マフィン君。

  4. P/L:タンゴ君。

  5. P/L:マー君&ゲイリー君。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:アメリちゃん。

  8. with sarada 111th Yokohama-School。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930