オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、レティーちゃん・ローキーちゃん・ウィル君・龍君です。それぞれのステップアップトレーニングと課題修正トレーニングに取り組んで頂きました。

レティーちゃんは、気温が低く芝が延びてくると、伏臥に対しての実行性が低下してきますので、確実にコマンドを実行できるようにトレーニングを組み立てましょう。伏臥の課目の反応と行進中の伏臥の実行性は関連性もありますので注意をしながら進めて下さい。脚側行進の先行気味な動きに対しての対応は紐付きの状態でポジションの認識を高めて下さい。


ローキーちゃんは、脚側行進の同じ場所での遅れが出ていますので遅れてから視符を出すトレーニングを繰り返すと遅れは改善されませんので注意して下さい。速歩のターンに向かう直線の集中も安定していませんので集中力の高い脚側行進を目指しましょう。行進中の作業は伏臥へのバランスの方が強くなり停座が安定していませんので自由選択課目での伏臥の頻度が高い事を踏まえてバランスを整えていきましょう。


ウィル君は、全体的に集中力が低下しており指導手からのプレッシャーに対しても反発が見られますので課目トレーニングのみでのトレーニングというよりも日々の一貫性のある対応を再確認すべきだと思います。コマンドが出ている時の自主解除をさせない事や、ウィル君の自発的な行動が正しい行動として表れるような取り組みを考えていきましょう。現在は、どちらかというと正しくない行動をとる事に対しての飼い主さんからの声がけや対応が同じようなパターンで起こっているように感じます。


龍君は、紐付き脚側行進での同調性は出てきていますので、あまり報酬の頻度を上げずに集中させた脚側行進を進めていきましょう。まだ紐無し脚側行進では同調性が安定していませんので紐付きで安定感のある脚側行進を強化すべきです。伏臥と立止の理解も進んでいますが、立止の前方への移動は、今後も修正を進めて下さい。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. P/L:Mike君。

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. P/L:モコちゃん&プーちゃん。

  6. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  7. with sarada Lodging training in MON…

  8. P/L:ウィル君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031