オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、リュウ君・たんぽぽちゃん・レティーちゃん・ウィル君です。

リュウ君は、コマンドの基礎トレーニングです。脚側停座への移行やポジションは徐々に改善されてきています。現在の脚側行進のトレーニングは、ポジションの理解を安定させる為に丁寧に進める必要があります。指導手側の手の高さと歩速などをステップアップしながら進めていきましょう。

脚側行進から指示なし停座した際のポジションがスタート時の脚側停座になるようにトレーニングを進めて下さい。


たんぽぽちゃんは、オビディエンストレーニングの課目トレーニングだけではなく現在、飼い主さんが課題として捉えている行動の修正やコマンドの強化に関しても取り組むことを目標にしています。現在のトレーニングの中にも「マテ」のコマンドで待ち続けることなども含めて1つ1つの理解と強化を進めていきましょう。

脚側行進の強化は順調に進んでいます。距離も延びてきていますし左右前後のブレも軽減されてきています。グループレッスンでは、仲間がいることで意識が指導手から離れてしまう場面も多く見られていましたが、今日のトレーニングは指導手への集中の方が安定していました。これからも頑張りましょう。


レティーちゃんは、スタートの集中も安定していましたし、最近の取り組みが良い形になってきました。指導手の動きもレティーちゃんに合わせないで動くことを目標にして頂いています。屈折やターンでの動きに改善が出ていますが、まだもう少し意識的な動きが必要です。

指導手のメンタルが良い緊張の中で維持されているときには、レティーちゃんの動きや集中も非常に良い状態を維持できています。


ウィル君は、引き続き脚側停座の方向のズレが脚側行進の先行や斜行につながっていますので、この部分の修正トレーニングを中心にしながら、コーナーとターンの動きの指導手の動きのコツを繰り返しトレーニングを行いました。

全体的な集中力の持続は以前よりも延びています。ターンの動きと左屈折のスムーズな動きは指導手の動きにかかっていますのでウィル君の動きを引き出せるような指導手の動きをトレーニングをしていきましょう。CDⅡの規定のトレーニングは、前回の修正ができていましたのでコマンドを確実に実行できるように進めていくようにして下さい。


関連記事

  1. P/L:アメリちゃん。

  2. 甲斐犬JP広め隊 1st Tokyo-School

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. オビディエンスグループレッスン。

  5. with sarada 139th Yokohama-School

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. P/L:マル君。

  8. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728