オビディエンスグループレッスン

早朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、トナ君・ローキーちゃんです。ペアごとに取り組みの状況の確認をしながら新たなアプローチへの取り組みなどを行いました。

トナ君は、前回のレッスンで行ったトレーニングを起点に、現状の飼い主さんとトナ君の関係性の見直しを実践して頂きました。その中で、オビディエンストレーニングだけを考えるのではなく日常生活の様々なシュチエーションの中でLeadership(主導権)を飼い主さんが握ることで、Relationship(信頼関係)の構築に大きな影響を与えることを実感して頂いたようです。

結果的に脚側行進の集中力や姿勢の維持が安定して、周りの誘惑刺激に対しての反応も軽減してきました。伏臥の反応速度の強化トレーニングも楽しくできるようになっていますので、今後もバランスを考えながらトナ君の理解が進むようにステップアップを考えていきましょう。


ローキーちゃんは、日頃のレッスンをする上での確認事項や注意点などを再確認をして頂きながら、モチベーションを高めながらトレーニングの内容の精度を向上させる取り組みをして頂きました。

初めての取り組みでしたが、終始集中ができていました。アイコンタクトの姿勢の維持レベルは、今後のトレーニングで更に強化は必要ですが、指導手のメンタルが安定している分、ローキーちゃんの動きにも不安感はなく自信を持てています。


関連記事

  1. P/L:ブランシュちゃん。

  2. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  3. P/L:ローキーちゃん。

  4. P/L:ハル君

  5. P/L:獅子君。

  6. P/L:ポーちゃん。

  7. P/L:たんぽぽちゃん。

  8. P/L:凜ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728