P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

今日のブルース君&リンゴスターちゃんのレッスンは、先日の競技会やテストを経験して気づいた点や改善すべき事などについて再確認して頂きました。
ブルース君は、フレンドリードックテストを受験して今までのトレーニングで出来ている事が、中々本番ではできない事にも気づかされたようです。特に、環境が変化し他の犬の臭いなどが多くなると、コマンドよりも臭い嗅ぎへの意識の方が優先されてしまいますのでコマンドが優先されるように改善をしていきましょう。しかし、この改善トレーニングは簡単な事ではなく、日頃からの一貫した飼い主さんとのルールの遵守や関係性の更なる向上がポイントとなります。決まった場所でのトレーニングだけではなく色々な環境刺激の中で同じコマンドを同じように実行できるかどうか?を繰り返し経験させながら強化する必要があります。今日のレッスンでも、同じ場所以外に移動しようとすると、すぐに解除の状態になりがちですので、移動する際の動きも飼い主さんに集中できる事を考えて下さい。また脚側停座のコマンドの対しての反応は、お散歩の最中も同じように反応し実行できるようにトレーニングをしてみて下さい。

リンゴスターちゃんは、CDⅠの課目の動きは良く理解できていますので、それぞれの課目の精度を今より向上させる為の修正トレーニングを行いました。まずは、脚側停座にスムーズに入れるようにする事は、現在の最優先課題です。コマンドでたら、バタつかずに脚側停座の位置へ移動し、集中できるようにトレーニングをしましょう。脚側行進の理想的なポジションの集中力の維持は、的確なタイミングでトリーツの出し入れが必要になりますし、集中できる時間を延ばす事も、とても大切です。現在は、コーナーやターンの際に、集中が切れて余所見をしてしまう事もありますので、動きに変化が表れるポイントでは指導手への意識を更に高められるようにしていきましょう。全体的に楽しく表現力も豊かに動けていますので、無理のないようにステップアップしてください。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. P/L:凜ちゃん。

  2. P/L:ゲイリー君。

  3. P/L:レイちゃん&テンちゃん。

  4. P/L:マル君。

  5. P/L:リンゴスターちゃん。

  6. P/L:マー君&ゲイリー君。

  7. P/L:れもん君。

  8. P/L:クーちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728