P/L:ヴァイス君。

今日のバイス君のレッスンは、コマンドの基礎トレーニングや環境馴致トレーニングなどです。

特に聞きなれない音に対しての過敏に反応してしまい、飼い主さんからの声掛けやコマンドよりも音に左右されがちですが、現在は多くの経験を積ませながら環境への適応能力を高めるべきです。

走り回る子供、ボールを蹴る音など、バイス君にとっては落ち着いて飼い主さんへのアイコンタクトのトレーニングができる環境ではありませんが、これも経験ですのでトレーニングレベルを落としながら進めていきましょう。

前回よりも飼い主さんとの距離間も縮まりアイコンタクトの意識も高まってきています。但し、飼い主さんの報酬の与え方がパターン化していることで、コマンドを自主解除してしまう傾向がみられますので、パターンを読まれないようにしながら解除のコマンドの理解も進めていきましょう。

ルアーでのコマンドの実行から姿勢の維持ができるようになってきた「伏せ」のコマンドは、トリーツの与える方向などを良く考えながらステップアップしていきましょう。

伏せの姿勢でアイコンタクトをすると、伏せの姿勢を解除しがちになりますので姿勢の維持を強化してください。

ヒールポジションに関しては、まずは室内で正しいルアーでポジションを教える必要があります。必ず左手で誘導して、飼い主さんの左足のポジションに停座するように教えます。この際に「ヒール」のコマンドのみで停座をさせるようにしてください。コマンドのスタートの際に「ヒール」というコマンドを出して脚側停座に停座させるときに「座れ」というコマンドを出すことは正しいヒールポジションのコマンドの認識にはなりませんので注意してください。


関連記事

  1. P/L:マル君。

  2. P/L:ウィル君。

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. P/L:サニー君

  5. P/L:たんぽぽちゃん。

  6. P/L:マー君&ゲイリー君。

  7. P/L:プーちゃん。

  8. P/L:ルカ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031