P/L:スピカちゃん

今日のスピカちゃんのレッスンは、前回までのレッスンの復習とトレーニングを進める上での飼い主さん側の考え方の改善点や技術面のステップアップのトレーニングを行いました。

「Stay」の理解とステップアップの考え方については、刺激レベルを軸としてトレーニングの段階的な考え方を飼い主さんが理解をして進めて下さい。

環境の刺激レベルにより、どの方法が最善なのか?の選択はミスをさせない為には、とても重要です。無理に高いレベルのトレーニングを行う事でミスを引き起こし、ミスを繰り返すことで、ミスを理解します。特に「Stay」のコマンドは、動いてはいけない意味を強く持ちますのでトリーツを与える瞬間までも動かないように注意が必要です。

細心の注意を払いながら「Stay」を教える事で、刺激レベルが高くなっても基礎となる部分はブレなくなりますので丁寧にトレーニングをしていきましょう。

お散歩のスタイルに関しての現在の進め方は、タイトか?自由か?の非常に極端な対応になっていますが、実際に本当にタイトなのか?というと、飼い主さんが思うほどスピカちゃんはタイトには動けていないのが現実です。

「Side」のポジションも、「ここらへん」で教えるのではなく「ココ」というピンポイントでポジションを教えるからこそ、タイトなコマンドになります。今までの教え方の習慣がポジションの精度を低下させていますので、もう一度見直しながらトレーニングを進めてみて下さい。


関連記事

  1. P/L:プリモ君

  2. P/L:トナ君

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. C/L:杏ちゃん。

  5. P/L:アメリちゃん。

  6. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031